SEO対策/広告
ようこそ我が家へ
FC2ブログ
 

『タイ人』のソムチャイさんの『聞きタイ、知りタイ、わかりタイ』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体育の日

 今日は体育の日で、国民の休日。夏休み以来の3連休だったが、残念ながら雨模様のお天気になってしまった。
 
 お昼ごろのNHKで、車椅子のテニス選手が、ギャップを超して世界トップに立ったエピソードを放送したスペシャル記事に、非常に感動した。このシリーズをタイ教育界に見せたい気持ちが押さえられない程となったです。。。

 タイでは、学校の授業時間内で体育時間が盛り込める。たいていの学校は、各クラス全員が同じスポーツをやること。例えば、バスケか、陸上(走り、高飛び等)、水泳等。体育担当教師が全校で1人か2人しかいないため、スポーツの種目がかぎられている。

 小学の低年学等の親(家族、父兄)参加する日本のような催しはない。父兄か親たちは「忙しいから参加できない」との理由で、学校側も、親たち側も「一致」な気持ち!
schoolboy.jpg

 中学からは、体育の時間が殆ど減らされてしまう。週一回か2週に一回となる。学校によっては、体育は選択的な科目(試験や点数にはない、個人的なサークル的なこと)になる。。。

 このように、タイの教育界では体育よりも、学的な識を重んじる。

 だから、日本のように、スポーツが盛んになったり、「体育の日」等が、タイにとってはあり得ない事!

 それで、国際的な試合等は、タイ選手が表彰台に立つことが滅多にない!狭い地域の「東南アジア」だけでは何とか必死にリーダー格を見せたいためだけでの頑張ったこと。

 筆者にとっては、寂しい思いの今日の「体育の日」である。。。

 
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。