SEO対策/広告
ようこそ我が家へ
FC2ブログ
 

『タイ人』のソムチャイさんの『聞きタイ、知りタイ、わかりタイ』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイダンスを習った。。


 「ソムチャイさん、いつも楽しく拝読させていただきます。今、バンコクでタイダンスを一生懸命勉強しています。なかなか難しいです。手首、身体が堅いのでなかなか上手くできません。毎日部屋で練習しています。。。上手くなるコツありますか?タイダンス生徒。」
          rumthais-pose.jpg

 タイダンス生徒さん、ご苦労様!
 日々練習は大変と思いますが、夢中で時間が経っていくのが分からないくらいでしょう。。
 タイ踊りは、やっぱり手首、指、全身が思うように動かしたり、柔らかくポーズできるには、時間がかかります。
 踊りを専門に学んだ学生たちは、殆どが子供時から憧れて自主的に練習したり、近所のできる先輩から学びでしょう。そして、本格的な専門学校へ入ると、皆が、「基本ポーズ」がちゃんとできる。。先生に訂正してくれるところが、微妙なところのみですね。
 タイダンス生徒さんは、外人ですから、同僚や先生が理解してくれると思います。多少無理なところがあると、熟知して何も言わないでしょう。あまり大きなミスだったら訂正して、何回も訓練させると思います。
 上手くなるコツとは。。。筆者には習ったことがないので、あまり分かりません。
 子供時代は、近所の女の子たちが夢中に練習したことを見たことがあります。やっぱり手首、指、足の踏み方等が非常に大事にする。何回となく練習した。
 
 画像を参考して見て下さい。

 5人の中に様々なポーズですね。踊りのテーマが違ったものですが、どれでも「挨拶」のポーズですね。基本のものですが、右の2番目の方の他、全員がタイ人ですので、それぞれのポーズは身体が斜に立っている。真直ぐではない。これを見るとすぐ、右2番目の方が外人だとわかります。結構綺麗な形ができましたが、まだ、違いますね。。。

 個人的に言わせれば、漢字の「大」を筆で書くと同じ、綺麗になるためには、左右をきちっと同じ長さや、均等な角度等のよりも、多少崩れていた方が綺麗ですね。このポーズもそうです。左右の肩が上下となっていて、上半身は斜に、首等は真直ぐよりもいくらか斜になっている。。。
 どうぞ、頑張って下さい。あまり無理しなくても、「楽しくできた」のノーミスがいいと思います。日本でお友達等に披露できれば最高ですよ。
 では、ラッキーに。

 
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2011年01月04日(Tue)10:55 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。