SEO対策/広告
ようこそ我が家へ
 

『タイ人』のソムチャイさんの『聞きタイ、知りタイ、わかりタイ』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんなに安くて いいですか?!

 最近量販店や激安店では、ものが驚くほど安い。
いつもテレビでのニュースやなんらかの番組で取り上げることがしばしばです。それでよくある場面では、顧客にインタビューすると、「とっても安い!」だとか、「驚いた」等のコメント。
          野菜

 ある客がレジで料金を払いながら「こんな安くていいですか?、ほんと、もうしわけないです~」 
 
 この場面では、タイ人にとっては疑問となることになってしまう。
 ということは、タイではできるだけの安いものを買えば得だと。どんなに安くても売り手に「思いやり」はしない。それよりも「する必要がない」と思うからです。タイではデパートや、スーパーでの商品がちゃんと値札が付いていればその通りに買うお金を払うことが当たり前と思う。しかし、それ以外のところ、例えば、市場や個人の商店などでは、値札があっても、買うまえに必ず値切る。「安くしてくれよ」等。     
 せっかくお店は「激安」しているから、それを奪って買うことも当たり前だと。あの場面のように払いながら、売る人に謝りのようなことばでは、「なぜですか?」と、不思議に思われてしまう。
 「ああ、日本人は優しい。思いやりがある社会。人情がある人々」だとは、思わないタイ人にとっては、多分この場面は理解し難い。

 ある後輩の感想は、「おかしいですよ。その通りに払うのに、なぜ「もうしわけない」、「いいですか」等を言わなければならないですか?礼儀かどうか考えても理解できない。。」と。 タイでしたら、だれかが、「こんなに安くていいですか?、申し訳ございません」と言いながら支払う人がいたら、その辺の人々はきっと腹が立つ!なぜ、そんなことを言わなければならないのか。私はまだ買ってない。これから買うのに、もし、値段を急に上げると、どうする。買えなくなる。。まったく、邪魔な奴だ。。。と。
 このようなことに展開するかもしれない。
 そうなりやすいです。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。