SEO対策/広告
ようこそ我が家へ
 

『タイ人』のソムチャイさんの『聞きタイ、知りタイ、わかりタイ』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイ語会話サークル

「ソムチャーイ様 (CC:ご担当者様)

突然のメールで失礼します。
私は東京都に在住の「KS」と申します。

今年の9月に初めてタイに旅行で行きまして、タイの雰囲気やタイの方々の
おおらかな人柄が非常に好きになりました。そしてタイ語の独特な音やリズム
も非常に心地よく、とても勉強したくなりました。

たまたま出張で11月中旬に再びバンコクに行くことになり(4日間ぐらいの
超短期ですが)簡単なタイ語も独学で勉強しているところです。

ただ、せっかく勉強しても、あまり日本にいるとタイ語に触れることもなく
忘れてしまうのではないかと心配です。タイ語を話す機会がないと、
勉強のモチベーションもなかなかあがりませんし・・

そこでタイの方々、特に日本語を学ぼうとしている、または日本人の友達が
ほしいタイの方たちがいるサークルのようなものはありませんでしょうか?
タイ好きな日本人の方たちとの交流も楽しいかと思いますが、やはり語学の
勉強ではタイの方と話してみるのが良いと思うのです。


突然の質問かつ基本的な質問で恐縮ですが、どうぞよろしくお願いいたします。

(KS)」
               sasa.jpg

 KS様;ありがとうございます。タイ語を独学で勉強していらしゃると!本当にすばらしいです!タイ語の発音は日本人にとって難しいところが沢山あります。カタカナでもかけない発音の複雑さには、やっぱりネーティブの方から学ぶのが一番いいです。
 おっしゃったとおり、語学を学ぶことは話す機会を作らないと忘れたり、使えなくなったりしますね。僕自身は英語や、中国語(標準語のマンダリン、華僑のテイチュウ語)は今でも忘れないために話しをしたり、聞いたりしています。ドイツ語は残念ながら全く忘れてしまった。挨拶ぐらいか、残っています!
 日本人の友達が欲しいタイ人がいると思います。互いに語学勉強できるための共通目的ですのでちょっと気をつければ、身近におられると思います。東京では特に簡単ではないかと思います。
 しかし、東京であれば、タイ語を学びながら趣味を共に楽しむ「サークル」が多いですよ。日本人とタイ人でできたサークル。
 また、タイ語学校、日本語学校でサークル活動(参加無料で食事や交通費、見学等諸経費は各自負担)が多く設けている。ということは、せっかく教えた生徒たちは実際にネーティブの方への話し機会がなければ、単なる教科書や教室の中での暗記ができることになる。実際の場面では聞いても分からないや、生きている話し言葉は理解できなくなると、習ったことは無意味になってしまうといけないから、学校はそういうサークルを作る。生徒さんたちが作るのも多くあります。そこへ気軽に入れば新しい出会いや語学もたのしくなるですね。
 ネットで「タイ語会話サークル」、「タイ語サークル」等のキーワードで検索すれば、沢山でてきます。日タイランゲージスクールにもありますし、個人的なグループ(タイ愛好家のような)もあります。参加自由で入会金等はなし、ビジネス的なものはなくて安心できるようなサークルも多くあります。

 もう一つ、サークル参加の他に、タイレストランが沢山ありますね。
 込み合い時間を避けて、安いところで安いものだけでも注文したり、一杯飲むにしても、できるだけカウンター式のようなところ(コックさんの顔が見えるところ)を選んでよく行くことでもいいですね。ゆっくり飲み、食べながらタイ人コックやウェトレスへ話しかけたり、彼らの会話を耳を傾けて聞いてみる。聞くの練習ですね。このようなやり方でも美味しい(か?)タイ料理が食べられるし、会話練習もできる。時間も自由自在でできる。サークルだと全体へ時間とことを調整しなければならないからですね。良心的で、透明さのあるお店を選ぶのが大事です。ボッタリされたり、余計な請求されたり、おつりが不正したり等の悪業者にも要注意だけ、後は大丈夫でしょう。
                    kho-n.jpg

 タイ出張中では短期間にしても、日常で会うタイ人へ声かけるにもいい機会ですね。例えばホテルでの宿泊でしたら、ボーイさん、レストランの注文受けウェトレスさん等の人たちはいい話し練習相手になれる。注文して何か話しをし、挨拶やお礼のことば、天候のこと等、短い文章、簡単な言葉から話すと、相手が理解できるか、数回話さなければ理解できないか、このようなテストもいいです。自分の発音が通じるかどうかのバロメーターになるなんですね。

 約20年前、日本の大きな、世界的な企業の役員一人がタイ支店長にタイ赴任する辞令をいただいた。行く前3ヶ月でタイ語をマスターする条件だと、最初はタイ語学校を通ったが、なかなか覚えられないし、会話ができなかった1ヶ月過ぎてあせっている状態。それで、ネーティブで個人レッスンに切り替えようと、ランゲージスクールから僕に直接連絡が入った。条件は2ヶ月で日常会話や一人でもある程度行動できるようにすると。
 その時、日常会話のいろんな場面に必要な言葉を覚えながら話すレッスンにプログラミングを特別に設定しました。夕方事務所時間終えてから2時間、週3回でのレッスン。オーラルドリル式と会話相手にした形。単語を使って話させた毎日30分特訓でした。段々と覚えながら自然に言葉が場面によってでるようになり、最終は日本出発前1週間は自己紹介や、事務所での会話、社員、運転手、家のメードへ頼むことの話し方は全部マスターでき上手になった。タイ生活習慣、礼儀ありかた等の知識も付けた。
         wanchan.jpg
 タイへ行っては、暫くの間は連携をとって、実際面で分からないこと、その時の話し方等がメールでやり取りしました。2ヶ月経ったタイでの事務所とアパートでの生活、買い物などは安心できるようになり、どこへでも話すと、一回でもタイ人に通じることになったそうで、非常に喜んでいました。今は定年退職され実家(高知)でタイ人友達がいて仲良く日々楽しんでおられるそうです。

 
 KS様、タイ語は発音だけは難関かもしれないが、文法は単純ですよ。動詞の変化がないし、言葉も単純な意味をもっていて楽です!日本語のような微妙な意味で言葉が沢山あって使い分けがあり、大変です!
 また、どんな質問でもかまいませんので気楽にメールでどうぞ。タイ語の質問でもいいですよ。これからも、タイ語を習った方々へでもこのページが交流の場、質問解きの場にもなれば嬉しいです。
 
                         コップクンクラブ
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。