SEO対策/広告
ようこそ我が家へ
 

『タイ人』のソムチャイさんの『聞きタイ、知りタイ、わかりタイ』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイ政府「非常事態」宣言。

      首相官邸内、アピシット首相
        アピシット首相"
 歴史的な巨額賄賂で有罪判決に背けた元首相、海外亡命中タクシン氏は、ケーブル放送によって「スアデング」(=赤いシャツ)デモ隊をつくり、資金バクアップした結果、デモ隊に参加する全国市民は増える一方。全国各県の役所を乱入し手段方法を選ばず占拠し多事件連続起こした。
 デモ隊は現首相アピシット氏が辞任するよう求めた最大原因は、タクシン氏に対する賄賂判決を認めたためであった。
      taksin-cabletv.jpg
       亡命地からケーブルテレビを通してタクシン氏はデモ隊員に指示している画面
 全国的に「赤いシャツ」デモ隊により混乱と一般市民や政府職員等を負傷事件が増々拡大している状況から、昨日12日、アピシット首相はバンコク市民を始め、全国民への理解と協力にメッセージを送った後、全国に集会しているデモ隊を即解散命令し、バンコク圏を「非常事態」宣言した。これによって、法的では全市民は集会や、国の治安に影響する行為、夜間外出等は禁じることになる。
 この宣言をしたにも関わらず、デモ隊は解散しない。宣言放送中の内務省へ無理矢理に乱入したデモ隊は、また首相秘書官らを負傷した。首相は怪我等がなかった模様。
 red-frontgovmn-house.jpg
 内務省の入り口に揉めた「赤いシャツ」デモ隊。
 前日の11日、パタヤ市に予定された東南アジア諸国連合(ASEAN)関連会議が、タクシン派デモ隊の会場ホテルへの乱入で中止となった。政府は12日朝、ホテルへの乱入を率いたタクシン派市民グループ「反独裁民主戦線」(UDD)の幹部を逮捕。これに反発したタクシン派は、さらにバンコクへ向かって抗議行動を拡大した。
    taks-grp-leaders.gif
     タクシン氏とその幹部ら
 タクシン派による混乱と過激が続ければ、軍特部隊は武器によって鎮圧に乗り出す可能性は大きい。
 一方、これ以上混乱が深まればアピシット首相は辞任せさるをえないとの観測も出ている。タイ情勢は増々緊迫し続けている。
 
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。