SEO対策/広告
ようこそ我が家へ
 

『タイ人』のソムチャイさんの『聞きタイ、知りタイ、わかりタイ』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お花見から花を食べる日本人。

「ソムチャイさん、いつも面白い記事 ありがとうございます。毎週楽しみに必ず毎日見に来ますが、時々長くアップしないとき、寂しく感じました。お忙しいでしょうが、なるべく毎日アップして欲しいです。読者からの質問がなくても、タイの事ならなんでもいいですので書いて下さい。お花見季節がやってきました。「タイ万華鏡2」で読ませて頂きました。同感です。しかし、大部分の日本人はそのような悪いイメージではありません。ソムチャイさんは、日本人に対してよく理解、日本の風習、日本の美しい自然を大事(愛する)にしていることが分かりました。とっても嬉しいです。いつもお元気でありますように祈らせていただきます。ありがとうございます。サクラの気持ち。」
     orchids1.jpg

 どうもありがとうございます。サクラの気持ちさま、本当に励みになります。読者からのメールは、どんなコメントでも嬉しいです。別に質問や疑問に対することでなくてもいいです。一言だけでも本当に凄く大事で換え替えのない宝です。できるだけ毎日書きたいです。最初からの気持ちは変わりません。しかし、時々仕事で忙しいとか、疲れたとか、怠けてしまった等々。本当に読者に申し訳ございません。

 お花見は、日本の独特な風習ですね。美しいお花(大自然に対する気持ち、観察等)を楽しみながら、お歌や、踊り、味覚を楽しむ等を一緒に楽しむ習慣、このような季節に対する感謝、嬉しきは、世界中どこの国にもありません。いくら時代のあり方が変わって行っても、センがあるはずですね。

 この間、ある日本人の友だちから聞かれたことです。
 日本の食に関すること。東京では毎日食べ物が捨てられた量が、世界一で、食べられない国の人を考えれば寂しいと。また、贅沢なものばかり食べたい、食べるようにすることが人々の価値観がエスカレートにしていると。
 話しは段々と展開していくうちに、お花を食べるお店は、なんか高級のようなイメージを作っている風流。。。タイでは花が多くて安いし、食べるレストランがありますか?って、。。。
 
 本当に驚いた。テレビ番組では紹介することがよく見たけど、食べるような気持ちがないですねと、答えました。
 タイでは、ランの王国である。世界中へ切り花としても、苗としても輸出量が世界一です。他の花も年中多くあり、安い。
 しかし、人々は「食べる」とは考えませんね。もちろん、昔から食用花は、それでいいですけれども、今まで食べたことがない美しい花を、サラダ等のようにして食べるところはありません。無理矢理に天ぷらにしたりはしないですね。科学発達でいろんな研究で分かったその効用であっても、強いて食べましょうとは、誰だって言わないし、食べたくもいません。

 本来は、美しいものは目で楽しむのためにある、香りは鼻で楽しむのため、味は食で楽しむことは、自然本来(人間のために神様がそのようにつくられた)ですね。

 そのために和食が一番美しい盛り付け方と食器のこだわり。目、香り、味わいが揃っているものです。他国はフランス、イギリス、イタリアン等の歴史が長い程、洗練されてきた国だけに美しさがある。でも少ないですね。日本もそれらの国も無理に観賞用美しいお花を食べることがなかった。
 タイ料理だって、美しく盛り付けは、宮廷料理だけです。一般庶民はなかったです。明治維新と同じ時期に、タイ現代になってから始めて、西洋を習い、盛り付けを綺麗にすることになった。
 
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。