SEO対策/広告
ようこそ我が家へ
FC2ブログ
 

『タイ人』のソムチャイさんの『聞きタイ、知りタイ、わかりタイ』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの容器ですか?日本で買えますか?

「ソムチャイさん、いつも為になる記事、ありがとうございます。以前の記事の画像に、1月5日の記事で「タイには『初日の出』は無意味」とテーマの画像です。托鉢で待っている高齢者の方の前に置いてある容器。竹細工でしょうか?凄く気に入って日本ではどこか売っているお店はありませんか?教えて下さい。タイ民芸品専門店等はありますか?タイへ行くしかなければ、どのような処で探せばいいでしょうか?
 また、タイでのお寿司事情、本当に吃驚しました。非常に参考になりました。熱姫」
  kratip.jpg
 熱姫さん、少しでも為になればと、大変嬉しいです。知りたいや、疑問があるもの等なんでも遠慮なくメールを送って下さい。
 さて、その画像の容器は、「クラティップ」というです。イーサ-ンや北部のチェンマイ等は日常使っているもち米を入れるものですね。昔からのものです。竹細工ですが、最近はいろんな材料で作っている。ホてアオイのような水草の茎や葉っぱでのものもあります。熱い国ですので、お米やもち米は数時間ですえてしまうので、昔の人はこのような容器を入れておく。通気性があるので数日ももつ!本当に昔の人の知恵は凄いですね。
 お弁当箱として畑仕事現場へ携帯することは、未だの習慣です。
 日本では、見かけないですね。タイ料理や食材店ではいろんなものがあるが、この「クラティップ」だけはなぜか輸入することしない。多分ここのタイ人には使う必要性がないからね。もち米蒸す器(画像の中段の右側)ならばあることが見たことがありますけれども。
 しかし、実際使うものとしてはなくても、小さな記念品や、置き物としてのミニサイズは見たことがありますね。東京のタイ食材専門店にあります。
 バンコクでしたら、タイ民芸品店にはあります。日曜市場「チャテュチャック」の民芸品、デコレーション製品ゾーンにあります。または、セントラルデパートのシッロムロード支店のタイ民芸品コーナーにも置いてあります。「ナライパン」民芸品専門店にもあります。
 バンコクの北へ約50キロのアユタヤ県の王妃計画による「タイ民芸手芸文化保存協会」の「シラパシーップ・バンサイ」ではいろんな民芸品は実際に作っている所は見られるし、即売コーナーもあります。ここへ見学する価値があります。
 チェンマイや北部地方には観光スポット、街中もあります。日常必需品なので探し易いし、お値段はバンコクより数倍安い!

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。