SEO対策/広告
ようこそ我が家へ
 

『タイ人』のソムチャイさんの『聞きタイ、知りタイ、わかりタイ』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイ人はミーティングが嫌いですか?

「ソムチャイさん;
  いつも為になる記事、ありがとうございます。
  タイにおける日本企業によっての問題、大変参考になりました。

  タイ単身赴任で約9年間バンコク暮らしでした。
  現地社員(タイ人)は会社のミーティングにあまり無関心で社長(日本人)の大きな悩みとなりました。
  秘書役の私はいつも責任感を重く感じてしまいました。。。
  
  タイ人は(皆ではないでしょうが)なぜミーティングが嫌いですか?
  TN」
         all-roses.jpg
 TNさん、このページは少しでもタイについて理解できるようにならば、為になればと、その願いで開きました。ありがとうございます。また、皆様の応援で本日までできましたです。
 単身赴任でタイという国に9年間の長い年月、本当に大変ですね。最初頃では非常に苦労が多かったでしょう。
 会社での会合、打ち合わせ会とか、報告会、定例会議等々がありますね。
 一般的にタイ人にとってはあまり会合に真剣しないですね。

 タイ習慣は、リーダーとか親、年上の人に従うことが第一。言われたままに素直、信じる事がよい子とされる。聞かなければ別に言葉を出す必要ないことになる。上に対し理屈的にあまり言う人は失礼だとか、頭が硬いだと、マイナス志向にされる。。。
 だから、幼児からの家庭、教育機関での教育パターンは、この事で非常に厳しくなっている。つまり、先生は聞かなければ、口を出すことはいけない。
 この為でしょうか、タイの人はあまり計画性が欠けている。自分の行動によって出来た結果に無責任が一般的。
 このような大人になっても、あまり将来を考えない。自発性が足りない。同じタイ人でも、海外で教育された人(留学生か、海外育ち等の人)の方が個性的に自発的、計画性がわかる。
 
 TNさん、会社員は会合が嫌いとは、多分その性質によるでしょう。

 もう一つ、筆者の経験によってですけれども、
 日本企業に勤めている後輩や知人からの、会社への不満、愚痴を聞かされたこと。。。

 日本人スタッフは、ミーティングするためによく周囲に準備する。細かいところまでは統べてが、事前準備をするですね。議題、期日、出席者、記録、報告書、参考になる情報、席順まで至りと事、等々。。。

 特に、大事な事に関するならば、必ず中堅者で「根回し」を済ましてから本会議へ。
 この日本のやり方である「根回し」が、タイ人にとっては、非常にショックで、嫌らしいだと受け止めている。
 信頼されている管理職のタイ人は、この「根回し」で、仲間の日本人を信頼失ってしまった人が少なくない。「日本人達は自分達の本意のために」、「会議はただのパフォーマンスに過ぎないだ」と。。「だから、社内ミーティング等は「意味」がない」、「どうぜ、自分たちの方向へもっていきたいから、「根回し」で済ましてしまった。会合で検討する意味がない」
 つまり、彼たちにとっては、会合へ参加する必要がないことになった。。。

 この日本の「根回し」習慣を、正しく理解できる、納得できるために彼等に説明するには、本当に骨折ることの一つです!タイ人だけではなさそうですね。欧米人、中国人、アジアの国々でもかなり難しいです。
 
 TNさん、9年間のタイは、ごくろうさまでした。
 また、いつか遊びにでも是非行って下さい。バンコクは非常に変わりました。。。
 しかし、タイの魅力は失いません。是非どうぞ。
 

        monkey.jpg
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。