SEO対策/広告
ようこそ我が家へ
 

『タイ人』のソムチャイさんの『聞きタイ、知りタイ、わかりタイ』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイ人の一日の生活の流れはどのような感じなのでしょうか?

「ソムチャイさん、私は日本で1日の大半を仕事の時間に費やしているのですが、タイ人の一日の生活の流れはどのような感じなのでしょうか?
 日本人のように仕事が一日の大半を占めているのでしょうか?
 教えていただけるとうれしいです。     
                      タイに行きたいママ」
      youth-fashion.jpg
 タイに行きたいママ様;
 大変おまたせしました。本当に申し訳ございません。年末に合わせて大事な仕事、しかも時間かかりようなものにも関わらず、時限は半分以上しかなく、本当に大変でした。まあ、言い訳をしたくないです。すみませんでした。
 ご質問は非常に真剣なことです。「タイに行きたいママ」さんは、本当によく観察しておられたでしょうね。
 日本人のこの特徴(1日の大半を仕事の時間に費やしていること)というか、習慣というものは、本当に外国人と大きな違います。恐らくタイだけではないですね。欧米や、アフリカ、中南米、アジア、そして、同じ極東の国々同志でも、日本だけは一番時間を仕事に費やす。
 タイのような熱い国と比べるとなおさらです。熱くてのんびり傾向には、国民性よりも、気候と豊かな環境の置かれたせいで、のんびりしても生活していけるからですね。
 1日の働き時間は大体8時間が基本ですが、日本人は8時間どころか10~12、15時間のようなものに対してタイ人ではまるまる8時間に、フールタイム的には少ない。大体6か、5時間が多いですね。例えば、会社の事務時間は9時から17時までとする。(昼休み時間は勤務時間と数えるは一般的)9時前に会社到着、コーヒー等飲みながら世間話を時間に費やし、10時頃になると真面目に仕事を始まる。昼は11:30分か、11:20分からデスクを離れる。13時過ぎてから入社し、コーヒーか果物、おやつを。14時頃になると、新たに真面目に仕事。人によっては、15時前一旦事務所を出て子供を迎えにいく。戻って来るは16時過ぎ。。。一息で17時半か17:45分で帰り準備!(女性はトイレへ、化粧等する)
 このようなパターンでは一般的ですが、公務員だったらもっとルーズな時間ですね。午前は正味2時間、午後は2か3時間未満での1日の働き時間とする。
D6828557-0.jpg
 この状態では、上司も同じ事(酷いのは上司はもっと短い時間)ですので、お互いに言わなくなる。。。
 民間会社だけは、厳しい上司か社長のところはほぼ8時間。外人上司か社長のところでは、返って見逃れるところを、遊んでいる!
 サービス業の従業員をみてもわかる。デパートでしたら、接客以外時間では何もしない。仲間としゃべたり、ぼーっとしているのが「当たり前」になっているようなこと!日本人でしたら客が寄って来ない時、その担当区域で商品をきっちりと並べ直したり整理整頓、簡単程度の掃除等をする。客を挨拶や、笑顔でも対している。タイ人ならば客を無視し、自分の好きなことを振るまい、女性だったらネールや髪の毛をいじったりする。。。
 タイは時間がルーズな性格が殆どですね。国民性とまで言いたくないが、実際はその意識がそうなっている。若ものでも大人でも、どこを向いても大半はフールな時間で精一杯仕事する人がほんの少ないです。
 「タイに行きたいママ」さん、タイでお買い物したり、レストランへ入られたりされると、このような場面に出会われると、あまり気にしないで下さい!いらだつになり易いとは、日本人共通な受けた感じです。筆者だって、日本を慣れたからでしょうか、タイへ行くと本当にこのところによって非常に不快感を感じてしまう。時々内心では「こんなに客をバカにしたり、無視するならば、買いたくない。お金をここに使わない」と、急いでそのデパートから出てしまう。。。レストランは席に座っても全然注文受けに来ない。向こうで自分達が群がってしゃべたり笑っていた!数回合図をしても見えない!(見てくれないと言った方がいいかも知れない)結構時間たってから始めて「気着きはじめた」かのような態度で急いでやって来てくれた!
 
 まあ、呆れてしまう。。。このようなことは随分ありました。。。


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。