SEO対策/広告
ようこそ我が家へ
 

『タイ人』のソムチャイさんの『聞きタイ、知りタイ、わかりタイ』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パタヤでお買い物は?

 「miです。一日しかないので、バンコクから近くて安いところの美しい海岸へ行きたい。友だちはパタヤがお勧めだと言っています。ソムチャイさんはどう想いますか?また、お土産を買わなければならないので何がいいですか?そこで買い物できますか?よろしくお願いします」
 miさま、ありがとうございます。パタヤでも悪くないですよ。一日しかなくて綺麗な砂浜だったらここですね。人気になっている「ホアヒン」や、「チャアム」は、日帰りはちょっと無理ですね。行っても滞在時間がなくなってしまうので、パタヤは数時間でも海遊びができるし、美味しい食べ物や、マリンスポーツもたくさんあります。
 パタヤ市内(海岸沿い)でもギフトショップが沢山あります。ブティック、貝殻、民芸品等。但し、海へ遊ぶ観光客相手なので、品物の値段は少々高いかもしれないし、品質もあまり信用できないことが多い。
 お土産だったら、バンコクからパタヤ海岸への手前に「ノングモン」市場がある。ションブリ県の最大な市場です。民芸品からアクセサリ、食べ物、お菓子等々。
 ここの名物は「カウラーム・ノングモン」です。竹筒にもち米とココナツミルク、黒豆を詰めて炭焼き。竹で炊き込みもち米なんです。甘くてヤシの香ばしく美味しい。(画像)
 khaolarm-nongmon.jpg
 また、バナナチップ(塩味と甘いの2種類)、カボチャチップ、里芋チップがとっても美味しいです。
 市場が大きくて国道沿いなので、通るとすぐ分かると想います。市場の中へ入ると、いろんな野菜、生鮮魚介類、果物、タイお菓子が沢山あります。その辺の中華料理店も多くあり、シーフードも美味しくて安い。伊勢海老や兜蟹等を、日本では食べられないお値段でできる。。。日本では天然記念物なのに、ここで食べられる(兜蟹)等々を、体験してみてはどうですか?夕方はお早めにパタヤから出てこの市場で散策、夕食を頂く時間を作って見て下さい。
 市場は夜遅くまでやります。(生鮮、八百屋の部だけは夕方6時まで)
 nong-mon-market.jpg

 kluai-charb1.jpg
 このバナナチップは、塩味のものです。砂糖で絡めた甘いのとちがって、色が透明。形は輪切りのと縦切りです。
kluay-charb2.jpg
 kanom-chark.jpg
 「カノム・チャーック」ヤシの葉で餅焼き。里芋と持ち米、ヤシの実で作ったお菓子です。焼きココナツヤシ実と持ち米でとっても香ばしくて美味しい。約1週間持ちなので日本へのお土産でもできる。食べる前にもう一度焼くと香りが再び楽しめる。
 krok-sriraja.jpg
  これが、この県の名産です。シーラチャ区で作った岩石の潰し器。(クロック)ソムタム(パパイヤサラダ)等タイ料理によく使う。しかし、石なのでとっても重い!日本へ持ち帰りは大変です。素焼きの方が軽くてバンコクでも買えるなので、これを単なる見物ですね!


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。