SEO対策/広告
ようこそ我が家へ
FC2ブログ
 

『タイ人』のソムチャイさんの『聞きタイ、知りタイ、わかりタイ』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

値切る買い物のコツ

「タイの友だちは買い物は値切らないと損するとか、払い過ぎの買い物になる等と言った。今度タイへ行ったら挑戦してみます。
 ソムチャイさん、値切るコツを教えて下さい。ピンクパンサー」
         shopping2.jpeg
 ピンクパンサーさん、ありがとうございます。
 買い物は楽しいです!特に屋台か普通の市場、普通の商社では、まったく同じ品物で、隣のお店の方が安いだとか、後から見た別のお店はほぼ半額だけで買えるなんて。。。悔しい思いになった人も少なくない。
 ちゃんとしたデパートならば、定価で値切る等はいけません。
 よくあることは、同じお店でも客の顔をみて売る人は値段を言う!このようなお店は品物に値札が付けていない。
 値切ることは、やっぱり品物の価値が分からないと難しいですね。
 この物はこのぐらいの値段でしょう等を、頭に浮かびながら、このぐらいならば買う。。。それでそのようになる値段を言って交渉していく。
 目安としては、言われた値段を3分の1を引いた値段にする。例えば100バーツと言われた。1/3を引くとは、100ー30=70バーツ。勇気があればさらに70ー10=60バーツ。
 「60バーツ下さい」と。
 ものによっては、数で買うともっと安くすることがしやすい。例えば、3つで150バーツとか等に。(結果としてはほぼ半額での値段で買う)
 『値切り捨てる』態度ですれば、売り子は客の足を止めようとして、いくらか値下がるように言う。そして、値切った値段を主張すれば、どうしても「売りたい」売り子はたいてい許してくれる。
shopping33.jpeg
 しかし、注意することはある。
 「売る人を見てから値切るです」!
 怒鳴られ喧嘩のように大きな声で客をけなす!こちらが恥じかくように言って回りの人々の目を借りてこちらへ注ぐ!このようなやり方も少なくないので、よく注意!
 日曜市場(チャトチャック)の果物屋さんには多い。隣のお店まで協力して客を笑うまでもよくある!
 安物ではなお値切らなければならない。
 安いからもういいと想うと、後悔したことがよくある。。。。
shopping2.jpeg
 
 今度こそ、楽しい御買い物を体験してください!


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。