SEO対策/広告
ようこそ我が家へ
 

『タイ人』のソムチャイさんの『聞きタイ、知りタイ、わかりタイ』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の「ジーペング祭り」は何時ですか?

「ソムチャイさま、
 初めまして「Yuki」と申します。
 昨年の4月末から5日間ほどチェンマイに友人と行きました。そこで今年もチェンマイに行こうということになったのですが今回はジーペング祭りに参加したいと思います。

 「コムロイ」と「ワウ・ホム」または「ワウ・クァン」は同じ意味ですか。是非とも夜の「ワウ・ホム」を見てみたいです。
 
 昨年の日程について回答されていましたが、今年の満月は11月13日のようですね。今年の日程の公式発表がありましたら、教えていただきたいです。

 会社を休んで行くので出来れば早いうちに日程を決めたいのですがこの祭りは6日間続くとのことですので13日前後で設定すれば間違いないでしょうか。
 また滞在するのはハンドンというところです。
 よろしくお願いします。」
yeepeng04.jpg
 「Yuki」さま、ありがとうございます。大変遅くなった解答ですみません。
 「ジーペング」の時期にチェンマイは大分涼しくなってきます。美しい花のラン、山野草等が多く、果物や、珍しい野菜、各種茸、タケノコ等沢山種類出回ってくる。。。
 「ジーペング」はランナー文化圏地方の最大なお祭りです。チェンマイだけではなく、ランナー国だった北部全7県(チェンマイ、チェンライ、メーホンソン、ランパン、ランプーン、ナーン、プレー)はジーペングを行われる。チェンマイはランナー国の首都だったため、全県市民あげの取り組み最大盛り上がる祭りとなる。
 「ジーペング」とは、「2月の満月の日」です。(ジー=2月、ペング=満月の日)この時期は農作業等は終わった。人々は日々幸せな生活や収穫お礼等をするための祭りです。朝からは村のお寺へ家族そろってお参りに。お寺の門は樹木や花、彩り紙の旗、ロウソク、線香等華やかに飾り付ける。お寺のお坊さんへ功徳してから祝福を頂いて帰る。
 帰った後、午前中は「ワウ・ホム」を空へ浮かすことも、全員でする。天界の釈迦さまへ祈りとお礼を「ワウ」に託して天へ。また、夜にも「ワウ・クアン」を空へ。
 夜ですからロウソクに火を付けて熱気で浮かせるため、夜空に幽玄な神秘性とキラリの光景が美しくて昼よりも人気。
        yeepeng03.jpg
 「ジーペング」はランナー地方独特な祭りなので、タイ国他地方では見られません。なので、人々は「ワウ・ホム」、「ワウ・クアン」と、ランナー言葉で言う。
 「ワウ」=凧とか紙風船、「ホム」=風。つまり「風で飛ばせる凧、紙風船」。
 「クアン」=煙り=「ロウソク付けて熱気で浮かす紙風船」
 それで、第2次世界大戦中、バンコクから軍隊がチェンマイ地方へ入りました。
 始めて見たバンコク人の感動で、イメージ通りに「コームローイ」と呼んだ。
 「コーム」=灯籠、ランプの傘。「ローイ」=漂う、浮遊。つまり、「空を浮遊する灯籠」の意味です。そして、全国へ伝わって「コームローイ」と言うことで知らされた。
 けれども、ランナー現地人は、自分の伝統文化なので決して「コームローイ」とは言わない。仲間同志では「ワウ・ホム」、「ワウ・クアン」と。
 ランナーの「ジーペング」と「ローイ・クラトング」は関連性があります。同じ目的で「釈迦様へお礼と祈り」ため。ジ-ペングの同時か後日で河川へ「クラトング」(紙やバナナの幹、葉っぱで作った灯籠とする)を流す。
 ランナーでは、河川の遠い向こうの末端は天へ繋がると信じ、釈迦様へ届けることの考えがある。このために、紐で灯籠を連なって、大勢で一同河へ流す。これで、灯籠が一直線で流れてまた美しい灯りの線は河の向こうへ流れて行く。。。(下の画像)
  loyklatongNew2.jpg
 他文化圏(例えばバンコク等)は、河の神様である「水の女神様」へのお礼と、年中汚して犯した事に対してのお詫びを届けるためです。ここが、違うところですね。
 タイの「ローイ・クラトング」=灯籠流し祭りは、日本の沖縄等、他国(インド)と違うところは、元々始めた時は目的なしの、ただ単に夜の灯りを河川で庶民の遊びでした。
 起原は、16~17世紀のスコータイ時代のプラルアングという国王は、それまであったの、庶民の遊びを一度見てみたいから船に乗って河の下流へ。それを知っていた王妃さまは、特大な灯籠を自ら作った蓮華の形にロウソク、お香、美しい花ビラ等盛って最も美しい灯籠になった。
 河の水面にキラリと漂う巨大な蓮華にとっても感動した国王は「これからこの国は永遠に、代々の国王はこの祭りを継続させよ。。」と命じた。時代を経てだんだんと他文化と混ざって「釈迦様や、水の女神へ」となった現代の様々な形式と意味。。。
 「Yuki」さん、チェンマイの「ジーペング」を、ついでにメーピング河等の「ローイ・クラトング」をも楽しんでみて下さい。
 「ジーペング」の日時は、チェンマイ県庁は未だ正式に発表していません。仰った13日はそうなんだけど、ランナー文化の暦は多少ずれている。なので、正式な発表が出るまでしばらくお待ちください。多分3ヶ月前くらいに発表が出るでしょう。
 日数は仰った通りに当日を前後に合計5日間か1週間は大丈夫です。(行きと帰りの日をも考えるべき)
 正確な情報がでたらここでお知らせ致します。
 
 ハンドングは少し中心部から離れるところで静かなのでいいですね。そこは、美味しく人気なランナー料理レストランがあるんですよ。オープンガーデンに、地元の歌手のソロで生ライブもあります。とってもいいところです。現地の人々(ホテルの従業員等)はよく知ってると思います。
   loykratong-sai.jpg
 どうも、ありがとうございます。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。