SEO対策/広告
ようこそ我が家へ
 

『タイ人』のソムチャイさんの『聞きタイ、知りタイ、わかりタイ』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルーック・シッドの実体は?


「タイでパンにアイスクリームを食べました。大好きです。もち米や小豆、ピーナツ等も入れてくれる。白くて透明の丸い玉状、甘くて美味しい果物は何ですか?タイ人友達に聞くと 「ルーック・シッド」だと。。。旅姫」
             lookchid1.jpg

旅姫さん、ありがとうございます。
 筆者もルーック・シッドが大好きです。子供時代はよく食べました。あのパンに持ち米といろんな具をいっぱいもりもりに、最後は牛乳をかけてくれるのも最高!手に渡された瞬間が一番嬉しい!大変幸せの一時で無我夢中に食べていた自分の事は、今頭に浮かべた。
 上の画像、ルーック・シッドの原形です。皮が青から段々と茶色になり、収穫の時期は画像のような濃い茶になる。皮に脂がある。もぎ取る時に脂はへたから流れて皮に着くので、これを触ると痒くて炎症起こす危険がある。
 この一個の中に、皮を剥いてみると、透明な小粒が2~4個がくっ付いている。この姿で「ルーック・シッド」と呼ばれた。(ルーック・シッド=くっ付く小粒)
 木がココナツヤシと似ているが、より堅いなので、葉っぱや幹の繊維を使って屋根に使う。木の高さは6~15メートル。
       lookchid_sugarpalm_02.jpg

 タイ人でも「ルーック・シッド」の実体が分からない人が多いです。殆どが「ルーック・チャーック」と思い間違いです。
 タイ国内の消費は生産に合わなくなったため、隣国のビルマ、ラオス、カンボジャー等から輸入している。実は生でも食べられる。
 下の画像は、シロップ付けで市販が殆ど。生ではあまり持たないためです。

 look-chid.jpg


スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。