SEO対策/広告
ようこそ我が家へ
 

『タイ人』のソムチャイさんの『聞きタイ、知りタイ、わかりタイ』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本年賀状に驚きタイ人、タイ年賀状に困った日本人

               toradoshi4.jpg
 
年賀状シーズンになれば、日本人は年賀状を書いて送ることが非常に好きな民族だなと痛感する。師走やら、年賀状を買うために郵便局のカウンター前に並ぶ人々の姿を見ると、不可思議に思うことは、何年経っても納得し難い!家族はじめ、友人知人、恩人等々へ思うことは大事だと理解していますが、こんなに年賀状を何百枚も書いて出すなんて。。。
 タイ人に比べると極端すぎる程、「めんどくさいから送らない!」。「その時、ちゃんとお礼も言いましたし、お返しもずいぶんお金かけました。もう十分ですので、年賀状何かしなくてもいい」等のような共通に考える。

 また年賀状について、日本在住タイ人の殆どの感じたことは、日本年賀状のデザインは何故か十二支に因んでそれぞれの年にモチーフするばかりのものだったという。今年は「寅年」なので、日本人からもらった年賀状は全部が「寅」にまつわるものだと等。しかも、寅ではないのに「招き猫」や、「猫」のモチーフまで使うものもあったと。。。
                      toracat.jpg
                      manekitora.jpg


 一方タイ在住日本人は、タイ年賀状に「物足りない」を感じている。それは、十二支の動物モチーフが全然ない!どこに探しても売っていないし、印刷会社も作らない!寅年だからタイデザインの寅を探して日本の家族へ送りたかったけれども。。。また、お寺や釈迦さん、国王、王族の写真、俳優さんの写真等々、全然関係ないことばかりの絵やデザインなんだと。新年がやってきたの「時節感」がない!なぜかというと、年中どこでも見られるもの。。。
 
             sawadi.jpg               
             supannahong.jpg

 本当は、「縁起物」について考えてみれば、それぞれに当てはまる。日本では十二支の、その年をシンボルとなる動物ですから、寅年ならば「寅」で、十二支以外は、松竹梅、亀、鶴、富士山等がある。タイには日常生活は信仰に密着しているため、釈迦様やお寺、国王等は、「聖なる」領域にあるもの、人物なので相手に贈ることは、「祝福」する意味であるからです。

 このような民族的な感覚と好みの違いは永久的なことと言えるかも知れない。その裏にある意味の「願い」=縁起物を分からないと、この双方のフラストレーションは何年経ってもまだまだ続くでしょう。
 

スポンサーサイト

飲酒運転

年末年始はパーティーが多いことは世界中どこの国も同じ現象を持つ。食べて飲んで騒ぐ。
それまではいいだけど、解散後のそれぞれの帰宅は問題だ。

「飲酒運転」の根絶対策は日本では徹底的に法的な手段で行われている。

タイではもちろん法的でもってだが、取締りがあまり徹底的ではないため、飲む本人は自発的に守らないことが多い。また、日本のように社会での周囲の人々は注意してあげたり、勧めないように気をつけたり等はあまりしない。
しかも、関係業者も協力して「飲ませない」することは、最もありえないようになっている。商売ですから、客が多いに商品を買ってお金を払ってくれれば、他のことは関係ない!のような考え方。

                 drunk-no-drive.jpg

しかし、タイは数年来の飲酒運転によっての事故で死亡、大怪我等は日本と同様激しくなった。
国上げの全国民運動が数年前から始まった。マスメディア業者も協力的で、「責任感」が意識的になったよう。
「飲んだら運転しない、眠いなら運転しない、携帯での通話ながら運転しない」とのステッカーが、民間団体から発行し、全国へ配って公的な場所に貼ること。(↓画像)
        saftydrive.jpg

 もうひとつの海外からのよい例として、タイ飲食店は取り入れた。バーの入り口に客一人一人に声かけながら、手の甲に「飲酒運転しないで、飲むならタクシーを呼べ。テル番号●●●●」というスタンプを押す。↓

              stampad.jpg

 また、お酒やビールの蓋の下に「飲酒運転はだめ」と書かれてある。飲むために蓋を開けると、必ず見える。しかも、蓋の上は車の絵が印刷してある。これが、ヨーロッパの例。これも、タイのアルコール生産販売業界は検討中。↓

                    creative8.jpg
 
 このように、タイ社会は「飲酒運転」の害から目覚め始めたから、積極的に協力が多くなってきた。。。。
 
 一方、飲酒運転と似ているが、「覚せい剤飲む運転」がまだまだ多いことは現状の事実。長時間運転する仕事柄によっては、多くの一部の運転手は覚せい剤頼る。国は末端的な解決にしかやらない。覚せい剤売買を徹底的に根絶しようとしていたが、長時間運転を禁じ法令を違反することを厳しくチェックしない。運送業会社は運転手の職員に強制的に長時間や数日間の24時間継続運転させることが殆どである。就職が厳しいタイ社会には、雇われる労働者にはどういわれても断ることができない。疲れるからだを無理にも継続できるために「覚せい剤」を頼りになってしまう。

 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。