SEO対策/広告
ようこそ我が家へ
FC2ブログ
 

『タイ人』のソムチャイさんの『聞きタイ、知りタイ、わかりタイ』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイの友だちをお迎える

「。。。ソムチャイさん、いつも楽しく拝読させていただきます。私は国際結婚です。主人はタイ人ですが、料理はだめです。何も作れない人で、卵焼きさえもできない!来月1~2日、お世話になった主人の親友(タイ人夫婦)は家へ泊まりに来ます。タイ料理を作ってあげたいと思います。
 私はタイに数年間住んでいましたので、普段は何とか適当に作れますが、このような時は、緊張して不安になります。海外在住するタイ人には一番懐かしく食べたくなるものが「ナムプリッカピ」だと、ソムチャイさんのページで分かりました。
 主人に相談したが、主人が作り方が分からないと言った。。。。
 ソムチャイさんにお願いしたいです。ナムプリッカピの作り方を簡単でも教えて下さい。アヤコ。」
               platu-tord2.jpg
 アヤコさん、ありがとうございます。
 ご主人が幸せですね。自分で作らなくてもタイ料理ができる奥様がちゃんと作ってくれる。羨ましいです!
 お友達夫婦で来ると、本当に心配ですね。男同志の場合はお酒飲むならば適当なものだけでも喜ぶだろうが、女性がいると雰囲気が違うですね。
 いい加減にはできない!
 そうですね、「ナムプリッカピ」が出されて頂いたら、タイ人にとっては非常に嬉しい。本当に感動しますよ。
          numprik-kapii00.jpg
 作り方:
 1)全材料(カピ3~4大さじ、みじんきりニンニク2小さじ、みじんきり生唐辛子3小さじ、レモン汁3~5大さじ、ナムプラ2~3小さじ、粉末状干しえび1大さじ、ヤシ砂糖1大さじ(なければ普通白砂糖でも可能))をサラダボールに入れる。
 2)「クロッコ」潰し器がなくても、クッキング手袋をはめて、全体をよく混ぜながら握るように絞る。全体が滲むまでする。
 3)味をみて、「酸味、塩倍、辛さがバランス」か、ちょっと酸味があるような辛さに調整してできあがる。(カピは塩味があるので、ナムプラを入れ過ぎないように注意)
        kaeng-jeut-wunsen9l.jpg
 このナムプリッカピは、普通は焼きアジか、薄い衣を付けて油揚げるアジか、少ない油でフライパンで焼くアジと食べる。各種野菜を添える。生でも茹でるものでもかまいません。旬のタケノコでも。
 ナムプリックがあると、薄い味のスープがあればいいですね。上の画像は「ケングチュー・ウンセン」(=はるさめスープ)そして、野菜炒め。もう一つナムプリックと良く合っているものは、野菜入りオムレツ風焼き卵。(日本でしたら細かく切るホウレンソウを代用してもいい)
 このようなセットでこれで、十分に楽しく食べられると思います。
 カレー(グリーンやレッドサワーカレー等の、どんなカレーでも)はあまりナムプリックと合わないので、どちらかを主にした方がいい。カレーの辛さとヤシミルク等の香りは、絶対にナムプリックに勝てないし、せっかく美味しいカレーでしたので、この組み合わせは避けた方がいい。
 後は、デザートは良く冷やしたフルーツでもいいし、アイスクリームでもいいですね。(「タイ万華鏡ー2」での「フルーッティーアイス」を参考にして下さい。


スポンサーサイト

甘煮芋が美味しい!

「。。。。。一週間前タイ旅行して帰りました。ソムチャイさんが奨励した果樹園ツアーを、現地旅行社で見つけ参加しました。とっても楽しかった。ドリアンや、マンゴ、ルーッゴ(赤い色で柔らかいとげ、毛みたいのが全体の皮に覆う)の木と実際に付いている果物が始めて見ました。園内で沢山味見せて下さいました。食べ放題とも言えるですね。有り難うございました。質問したいことは、街で売っている甘煮芋の作り方です。美味しくて好きです。売る人から生を少し貰って持って来たので作ってみたいです。よろしくお願いします。コンタイかー。」
    rae-munsumpalung.jpg
 コンタイかーさん、果樹園ツアーが楽しくてよかったですね。果物が一番多く出る時期なのでとっても人気なエコーツアーです。現地のタイ人にも多いですね。
 仰った「甘煮芋」とは、恐らくタピオカですね。上の画像はその原形(生もの)です。この茶色の皮には、毒性の成分があるので、料理やおやつに作る時よく注意しなければならないです。
 この毒性は、敢然に除去しないと、子供や身体が弱い人にはあたってしまうと大変です。お腹やめまいが起こす人もいる!
 この皮の部分だけではなく、剥く時に皮と皮に付いた部分の身をとってしまわなければならない。皮自体はそう厚くないですが、約5ミリぐらいの厚みで剥き採ること。
 剥いたものを洗ってから一回お鍋に水で煮る。飽くをとる目的ですので、ある程度少し柔らかくて、白かったのが薄い黄色に変わってくる。
    munsumpalang-in-syrup.jpg
 少し黄色になると、火を止め、水を捨てて、別のお鍋にお砂糖を芋の半分計量(例えば生芋は1キロでしたら、お砂糖を500グラムに)に、芋を入れ水入れる。水の分量は、芋が完全に浸けるぐらい。
 弱火で煮てだんだんと画像のように、透明で全体が芯になる「固い」残りがないように、しかも、焦げないように煮詰めて下さい。
 最後には、かけるヤシミルク作りかた、ヤシミルクを少々お塩入れ、小さなお鍋にて煮詰める。混いミルクになるとできあがる。(コーンスターチか、澱粉類を少し入れてとろみ作りにしてもいい)
 煮た芋をお皿に盛り、かけるミルクでかけて食卓へ。

mun-sumpalungchuerm33.jpg

 

タイの尼さんですか?

「。。。(略)タイ人とお寺へ行きました。白い上下の洋服を着る女性が沢山います。タイの尼さんですか?タイに咲くサクラ」
 タイに咲くサクラさん、お寺の行事に体験されたですね。白い洋服を着る女性たちが、多分尼さんではないですね。お寺へ献身的な信仰者です。年中行事だけではなく、普段の朝お参りや、仏の日(約2週間一遍にやってくる)等も行きます。お説教聞くことや、お寺の清掃、お坊さんへの寄付、献上品をもって行く等します。
          nung-khao.jpg
          mae-chee1.jpg
 上の画像で見分けることができると思います。
 白い洋服ですが、頭髪があるとないのが違います。また、着ている服は、尼さんだったら普通の洋服と違っています。一方、熱心な信仰者では、坊主頭ではなくて、普通の洋服ですが白いだけですね。
 尼さんはお寺で修行し、8つの戒律を守らなければならない(お坊さんは227戒律を守る)。信仰者は在家なので、一般人の仏教徒であり、5の戒律を守ることは、信仰によるものです。絶対条件ではない。全然無視している「ペーパー仏教徒」が多いですけれども!

バナナの葉がなくても。。。

「ソムチャイさん、今日、代々木公園での第9回のタイフェスターへ行きました。雨であまり歩かなかった。料理が美味しかった。3、4種類を買って家へ持ち帰りました。タイちまきがとってもお気に入り、もっと食べたかった主人に、作ってあげたいと思います。
 作り方を教えて下さい。しかし、バナナのはっぱがなくても大丈夫ですか?タイママ。」

 タイママさん、私もタイフェスターへ行きました。何年ぶりでしょうかはっきり覚えてないですが、あの時の印象が悪かったのでそれっきりでした。今回は仕事で行かなければならなかったので、雨の中でも随分歩きました!独りだったらもう歩かないで帰るでしょうが。。
 タイちまきですね。子供時代はお腹が一杯までご飯の代わりに食べました!好物なので、いつも母が沢山作ってくれました。冷蔵庫なしでも数日持つなのでいつも一遍に3、40個作りました。その時、包む作業を手伝いました。バナナのはっぱで包んでヤシのヒモ(ヤシのはっぱの真中の線を縦切りして日干ししたもの)で結ぶ。
 作り方:
 1)持ち米を数時間か一晩水漬けてから、適量なお砂糖、ココナツヤシのミルク(お米1キロに1カップ程度)、黒豆を、全部一緒にお鍋等に入れて簡単に混ぜてから、次ぎの段階へ。
 2)バナナは、「クルオイ・ナムワ」がなければ、普通のバナナでも結構ですが、崩れ易いなので、固めのものか、少し青い感じのもので厚めに切って使う。
          khao-tom-phad.jpg
 バナナのはっぱがなくてもいいです。今の便利なクッキング・シーツ(ぺ-パ)か、ホイル(銀紙)でも代用できます。画像はクッキング・シーツで包み、輪ゴムでとめる。簡単だし早い!
 3)次ぎは、包み作業です。もち米→バナナ→もち米(サンドウィッチ状)に包みシーツに入れ、包み込む。
 4)蒸し器で蒸す。
 バナナのはっぱがなくてもできます。しかし、バナナのはっぱは、いい香りがお米に付着なので美味しさが少し違うと思います。



今年のチェンマイジーペング祭り


 今年のジーペング祭りは11月11日~13日に、チェンマイ観光協会が発表しました。
 チェンマイ市庁前広場で行われる。市役所の主催。
 しかし、観光客のために、参加者が多くて1ケ所では大変なので、市は市民や民間団体の共催の形で市内の方々で開催される。

 jeepeng5.jpg

 お祭りのハイライトは夜なので、夢中で楽しんだ後、大分時間が遅くなりホテル等へ帰るには大変な事になる観光客は少なくないらしい。
 タクシー等は夜遅く程デタラメな請求や、遠回りして人影がない裏道等へ行くと。。。
 このような危険があり得ることを、忘れなく対策を考えることですね。
jeepeng-lantern.jpg
 市内から離れた所の宿泊ホテルならば、出発される前から帰り情報(時間、バス、タクシー有無)を得てからのこと。
 ホテルタクシーで目的場所へ送ってもらって、ホテル帰りの時間と場所を約束しておけば、一番便利と安心かも知れない。。。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。