SEO対策/広告
ようこそ我が家へ
FC2ブログ
 

『タイ人』のソムチャイさんの『聞きタイ、知りタイ、わかりタイ』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ドリアンを選びと剥き方を教えてください。。」

ピンクレディーさんからです。
 「。。。ドリアンが大好きです。今年はもうすでに5個分を食べました。まだまだこれからの楽しみです。しかし、いつもお店の人に任せてパックして持ち帰ります。今度皮ごとで持ち帰って家で剥いてみたい。選び方と剥き方を教えて下さい。お店の人の剥き方を見て何となく出来そう。。。バンコク在住ピンクレディー。」
 ピンクレディーさん、ドリアンが大好きですか!日本人としてはドリアンが好きな人は少ないですけれども、大好きで沢山食べれる人はめったに聞いた事がないです!びっくりしまいました。筆者もドリアンが大好きです。季節では毎日程夕飯の変わりにもよくありました!糖質とカロリーが高いので肥り易い!
                       durian7.jpg
 バンコクで販売されるドリアンは数種類しかないです。実は原種等を含めてタイ全国的には十数種類があり、それぞれの味と形は違います。
バンコクでは人気種類だけが市販されている。お店や流通業界で決められてしまった。
 その人気ナンバーワンは、おそらく「モーントーング」でしょう。ドリアンの中に一番大きくて重い。外形は楕円形のでこぼこ状。房の中身が厚くて種が小さい。果肉の黄色は他種類と比べると薄い方。甘さは中間くらい(ちょうど美味しい甘さ)なようで、強烈な臭わない。このモーントーングの皮が少し黄緑な感じで、刺(とげ)は短くて大きい。食べるころの時期が少々過ぎても、実がとろりと崩れない。
                             durian5.jpg
 次ぎは「カーンヤーウ」。このカーンヤーウは、約30年前までは、モーントーングがでなかった時代に、非常に人気で高価なものとされた。カーンヤーウはモーントーングより小さめで、皮がかなり緑色が強い。刺は細かくて先端が凄く鋭い。房の中身の黄色が艶やかで、糖度が凄く高いため、甘さは強い。臭いは強烈。モーントーングより持つ日が短い。(食べごろは2~3日しかなくて、それより過ぎると苦くなって、水分がでてしまってぺちゃぺちゃ状態になってしまう)
 3番目は「チャニー」。このチャニーはかなり丸ッこい感じで黄緑色で、刺は小さい。香りは薄いし、味は甘さが少ない。中身の色は薄い黄。種が大きくて果肉は薄い。
 4番目は「クラデュム・トーング」。皮が厚くて重さだけあって中身は薄くて種が大きい。刺は大きくて皮全体は茶色感じの黄緑。味と香りは物足りないような感じ(味が薄い)。
                    durian4.jpg
 ご自分で剥くとは?大丈夫ですか?慣れないからの危険ですけれども。。。とげに気を付けたり等、力も要るし、滑っていたら危ないです。あまりお勧めたくないですけれども。筆者は最初か、2~3回目の剥いた時に、大変で手が痛かった!今はベテランです!
       1182536585.jpg
 ドリアンの選び方。
 1)刺の先端が尖って鋭いもの。先が丸くなったことは、古いもの。
 2)食べごろは、臭いが少しする。(皮ごとを嗅いでみると少し臭う)皮ごとに嗅いでもあまり臭いが強烈だと、もう熟過ぎて中身が酸化しはじめ、苦いか水分がでていることが多い。
 3)ところどころを指で押さえてみて、硬くて押さえても凹まないものは、まだ早いから数日置かないと、甘さがまだなくて果肉が硬い。場合によっては、数日置いても甘味がでなくて、酸化して水分がでてぺたぺた状になってしまったので、たべられなくなる。収穫が早すぎたもので、熟しても甘さが非常に薄くて無いに等しい。
 4)軸(頭)に枝だが付いているもの。枝だが付いて無いものは古くて中が不良ものの可能性が高い。
 5)剥いてもらって、熟さなくて白っぽい身か、熟過ぎて食べられないものならば、要らないだと、支払わなくていいだと、お店屋さんと口頭で約束してから買うこともいい。(たいていのお店は約束を受けてくれる)
                          dhurian-open.jpg
 剥き方
 1)ドリアンの下(枝だがない、底側)の中央から、ナイフの先を2センチくらいの深さ入れてから頭(枝だが付いている)方へ向かって軽く引いて、約半分か3分の1までに切り目をいれる。房と房の間(凹むところ)ではなく、房の盛り上がる処の中央くらいに。
 2)1個のドリアンは、1)のように、底から縦で4~5本を、ドリアンの3分の1か半分くらいまで切り目をいれる。
 3)底の中央に2)の段階で4~5本のナイフをはじめた処の中央(十字)に軍手をはめた手でよくドリアンを掴んで力入れて開くように開ける。(ふすまや障子を開ける時と同様に指の使い方)
 4)少し開くようになると、さらに、同じ所を両手の指で掴みながら完全に開く。
 5)2つと裂けて開くと、中味を取り出してお皿に。
 6)実を取り出した白い中皮が見える方を上向きに置いて、両手で親指の根元を両側当て上から力を均等に入れれば、簡単に割れて開く。中身を取り出して、同じ事を中身がなくなるまで。
                      durian 2
*****タオルか、新聞紙を厚めに、ドリアンの下に敷いてから作業した方が滑らなくてよりやり易い。

スポンサーサイト

レンコンに似てる芋ですか?

「ソムチャイさん、はじめまして よろしくおねがいします。
 タイ旅行で印象的だった。特に食べ物が多いことがびっくりしました。
 市場でレンコンに似ているものだが、凄く大きい。食べてみました。甘く煮て柔らかくておいしい。レンコンに似てる芋ですか?夕子。」
                 sake-chuerm1.jpg
 夕子さん、多分「サケ」です。上の画像のようでしょうね。輪切りでレンコンに似ている。レンコンのように穴があり、砂糖で甘く煮てある。薄く輪きり乾燥したものも売っています。この乾燥したものは、水に煮出して好きな甘さにお砂糖を入れる。冷やして飲むと凄く疲れを取りにいいです!薫りもいいし、味もおいしい。
 夕子さんが見て召し上がったこの「サケ」は、ジャックフルーツと同じ属で、木が大きくて5~6メートルもある。葉っぱが大きい。実が楕円形か丸い。皮が緑色で全体がブツブツになっている。
                    sake1.jpg
 おやつに甘く柔らかく煮るのと、固めに煮るのがあって、また固め煮て乾燥している形もある。この「サケ」は昔から聞いた話では、女遊び男が嫌がって食べない。性病のばい菌が少しでも体内にあると、この「サケ」を食べたら膿が性器から出る!という話しはよく聞きました。本当かも知れないが、よく大人たち(男同志)もお互いに注意している!
 筆者が好きな一つおやつです。よく食べます。これをカレーに入れても美味しいです。サケドリンクが一番美味しい。しかし、薫りは独特なので、嫌い人もいるみたいですよ。

sake-chuerm3.jpg

「山の手はウンコしないですか?」。。。

 同僚から聞いた話です。
 数日前東京出張した時の出会った出来事です。
 東京駅で内回りの山の手線は人身事故で一時運休となった。待っている乗客が段々とホームで多く溜まってしまいました。その中に時々駅の放送がながれています。
 彼は、改札付近に待っていました。
 近くに3人組の女子高生が喋りながら同じ電車を待っています。
            kai-satsu3.jpg
 そして、2人組み若い外人観光客が、その女子高生へ尋ねて来た。

 「ヤマノテ ワ、ウンコシナイデスカ?」。。。
 
 女子高生たちはキャーッ!笑い出した。騒いでワーワーと。。。
 外人たちは不可思議に、自分の聞いたことが、どこかが可笑しいかと、理解できなかった。
 必死に英語で問い直した。
 「Yamanote Line's out of service?」。。。
 その彼女たちの1人は、英語混じっての日本語を返事した。
 「ノーノー、エ~ト、ト、ホリデーデス。ヒーイズ、ノーノー、ランニング シマスウ~」。。。と、仲間へ「いいかしら?」。。。
 外人はなお分からなくて、仕方が無く顔を横振りしながら去って行った。

 彼は、外人を追っかけて話しかけた。
 「ヤマノテ ワ、ウンコウシマス。チョット マッテクダサイ。アン アクシデント ワース クリアー」と、ゆっくりと外人が分かるように話してあげた。
 外人が理解でき、喜んで何度も「Thank you! Thank you very much。。。ユア ウェリーヘルプフール!」。
         foreign-tourist.jpg
   
 このように、タイ語の発音で外人はよく間違えた。タイ語には高低の音調が5段階があって、しかも、長短がある。まったく同じ発音で長短の間違えると、全然違った意味になってしまう。失礼な言葉や、変な意味になったような、考えられないことまでになった事は、しばしばです。
 要注意!



皆様よりの御意見、質問等お待ちしております。
なお、筆者への直接メールの場合は、「jottermail@yahoo.co.jp」へどうぞ。

タイの枝豆が黄色ですか?

 アユミさんからの質問です。。。
 「先月中旬頃、始めてタイへ行きました。それまでは、ソムチャイさんのページだけ楽しく読ませていただきましたですけれども。タイがとっても好きです。人々は優しい、食べ物と果物が美味しい。現地のガイドさんはタイの枝豆は黄色と言ってました。本当ですか?まだ見た事がないです。来年はまた行きたいと思います。アユミ。」
 アユミさん、タイ枝豆は黄色とは、間違いないですね。
 豆粒は大きくて硬い。また、日本のスナック枝豆のように柔らかくなくて美味しくないし、香ばしさも劣る。タイでは昔から枝豆をスナックとして食べるよりも、マメを採り、油工場へ売るか、マメとして輸出するからです。大豆としてお豆腐つくる等も少ないし、このために畑で最後の最後まで育てて枯れる前までに殆どが黄色になったからでないと収穫しません。枝だも大きくて鋏みでは切れなくてナタか鎌できる。工場や加工食品工業会社等の買い付ける人へ送った後、少し残りものはあれば(規格外もの)、スナックマメとして(茹でて食べる用)市場へ売りだす。
             snack-peanut-yellowbean.jpg
 上の画像は、田舎で売っているスナックマメ。その篭には茹で落花生、蒸しサツマ芋、茹で枝豆。このように綺麗な黄色です。私は中学生時代、長い夏休み(ほぼ3ヶ月間)に小遣い稼ぐために市場から生の枝豆を買ってきて茹でてスナックマメとして家の前に出して売った事があった。。。通行人がよく買ってくれたからバカにならないいい収入です!
 今バンコクではあまりこのような黄色枝豆が見られなくなった。日本の枝豆が知っていたから(約20年前かもっと少し)日本から輸入している。飲み屋、レストラン、ホテル、スーパー等は、みんなが日本の枝豆です。年間輸入量がかなり多いらしい。美味しくて、柔らかいし、緑の美しさでとっても人気。日本料理レストランも必ず茹で枝豆がある。人々が好きでよくビールのともとして注文するです。
 このためで、「日本のマメ」と呼ぶ。タイ語では「トア・レア」(=枝豆)と言うですが、日本の枝豆では「トア・レア・ジープン」と呼ぶ。口語では「トア・ジープン」(=日本マメ)という。
 あまり消費量が多いためか、数年前は、タイ産の「日本枝豆」が出来始めた。同じ種類だろうが、ある程度に育つと(若い内に)収穫してしまうため、緑色と柔らかさができた。なので、「タイ産日本枝だマメ」ができた。地価が高いなので、この「日本マメ」農家が段々と多くなって来ている。畑からの原価は、1個のコンテーナ-で32万バーツだと言われている。
         soybean1.jpg
 最近、スーパーやレストラン等は国内産の「日本マメ」が主流となっている。慣れてしまったでしょうか、人々はまだそのまま「日本マメ」を呼ぶ。。。
 意図的に「偽装」ではない。たんなる「あの日本のような綺麗な緑色、香ばしくて柔らかい美味しいマメ」を示すでしょう。タイ産とは皆知っているからです!
 上の画像は、チェンマイの枝豆農園です。このような綺麗な緑と大きさは、最適な収穫時期だと。涼しい気候の北部で枝豆農家が多い。
 
 アユミさん、今度のタイ旅は、田舎の市場を歩いてみれば、この「黄色枝豆」が見られるかも知れません。またの感想か疑問を寄せて下さい。お待ちしております。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。