SEO対策/広告
ようこそ我が家へ
FC2ブログ
 

『タイ人』のソムチャイさんの『聞きタイ、知りタイ、わかりタイ』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイの徴兵制度

    troop-student-training1.jpg

 「隣さんの息子は、来年徴兵へいくと言った。大学院を卒業して就職前に行きたいとのことで、タイの徴兵制度は強制的ですか? バンコクの侍」

 バンコクの侍さん、ちょうど今が全国中の話題になっている映画があるです。「カウチョンカイ」という、今度11月に上映する。4泊5日の過酷な現場訓練を受ける徴兵された人たちの話しです。中々面白くて感激的なシーンも沢山ある。。
 さて、タイの徴兵制度は、もちろん法的で決められ、対象者へ全員受けなけれバならない。強制的です。
 タイ国民男性は、17才になると役場へ「兵隊」登録申請しなければならない。登録証を貰って20才になる年の4月は「徴兵」へ参加することが、法的に決められた。逃れるや無視した人は、徴兵法令違反として監禁罪に当たる。。。 
 毎年4月上旬に全国で行われる「徴兵」対象者は約20000人。各県のそれぞれの区役所で「徴兵」が行われる。地元役場は告示した日時に、満20才になったのタイ国籍男性が徴兵式場へ行かなければならない。
 朝7時「徴兵」の意味、必要性等を説明が終えて身体チェックから始まる。身長160センチ、胸周囲76センチに満たない人は予備兵になる。
 身体チェックがパスした人は、くじ引きへ進む。赤くじと黒くじの2種があって、赤いくじは「当たる=軍隊に入る」、黒は「兵隊から外れる」との結果です。
 軍隊へ入ると「キツイ練習、安給」なので、好きで希望でないかぎり、殆どの人は入りたくない。このくじ引きの時は一番賑やかになるわけ。当たった「○○さん、赤くじ」と係員に読まれたら、まわりの人々(徴兵にくる本人と友人、親戚、家族ら)は、「へえ、へえ」と歓喜声で賑わい!(赤いくじが当たれば当たる程、黒くじが多く余る。余った分だけ自分の時は、願いした「黒」になる可能性が多いわけであったため)
 当たった人はすぐ軍隊員となり2カ年間軍事生活が始まなければならない。
 troop-student-training2.jpg

 在学中、就職等ですぐには「徴兵」へいけない場合は、延期願いを申請すれば、26才まで「徴兵」が保留される。
 「徴兵」を免除される人は、国家公務員、学校、大学の教師、親を介護する人、仏教、キリスト教、イスラム教のお坊さんや教師、医師、看護師。
 また、国防省主催の「軍事教育プログラム」(タイ語=ロードー)を2カ年コース参加者(高校生対象)は、ハードな現場訓練を終え、試験パスで無事終了する人は「徴兵」が免除される。「予備兵」にリストされる。予備兵は満56才までの期間とする。(予備兵は、国の有事事態に召集され、軍部へ帰還しなければならない期間中)

画像は、11月に上映する予定の徴兵に入隊した人々の現場訓練や2カ年間の軍人生活のエピソード。全国話題中の映画で、優秀な新人監督とプロデューサーグループで作製したもの。

 

スポンサーサイト

アボカドはタイ料理に?

「チェンマイでのスーパーにアボカドがあったことに吃驚しました。好きな野菜?果物?です。しかし、タイで売ってるということは?タイ料理にも使われるのですか?タイファン」

    yum-shrimp-avocado.jpg


 タイファンさん、チェンマイでアボカドを見つけたですね。バンコクにもありますよ。アボカドは近年来チェンマイで生産供給できはじめたです。ちょっと数年前までは輸入品で高かったです。

 タイ料理に使うのは「ヤム」にしてとっても美味しいです。ちょっと固めのを選び、縦
半分切ってさらに横スライス。茹で海老と合わせてヤム汁をたっぷりかけて食べる。(画像)
 アボカドはカボチャと似ている食感ですね。アボカドの代わりにカボチャを固めに茹でて、同じ海老とヤムにすることもできる。。。カボチャは甘味があるだけで、ヤム汁はもっと濃い味にした方が美味しいですね。

 また、熟成マンゴも同じように、海老とヤムにしてみてはいかがでしょうか?

 このような果物的な野菜?を魚貝類と合わせて「ヤム」にする料理が、タイ人に流行り言葉では「イントレンド」だと。
 
 メたボを考えて健康指向で低脂肪、低コレスト料理を選び、素材選びが重要なポイントとなっている。ことが「イントレンド」と言う。(今の指向、風流に沿うことの意味)


チェンマイでの夕食とショーを見たい。

「チェンマイへ行く予定です。夜はランナー料理とショーを見たいですが、お勧める処がありますか?旅人。」
 
           khum-khantoke.jpg

 旅人さん;ありがとうございます。
 チェンマイの旅は、印象的が沢山得られると思います。街中どこでも「芸術的」です。夜のランナー料理とショウーとは、「カントーク」でしょうね。
 ランナー地方の伝統的な夕食セットで客をおもてなしすることです。「カン」とは「容器、ドンブリ、お椀」、「トーク」とは「低いイス、小さなテーブルを食卓の代わりに床で置いて食事する道具」
 
 「カントーク・ディナー」は大体どこの1、2流ホテルが観光客のためにやります。しかし、席と料理の準備関係で少なくても1日前の予約が必要です。

 以下は、主な、人気な「カントーク・ディナー」がサービスするところです。どこでも大体1人料金は200~500バーツです。これは、料理とランナー踊り、格闘技ショーがセットになっている。毎晩7時から9時か10時まで。ところによっては無料送迎バスサービスがあります。予約に確認して利用することは便利です。
  
             khum-khantoke3.jpg

 1)「カントークパレース」チャンクラーンロード、電話05327ー2757時間19:00~21:30

 2)「クムカントーク」(画像)ノングパークラングロード 電話 0533ー04121~3時間18;30~21:30

 3)「バンロイチャン」カードスアンケオ・ホテル7階 電話0532ー24333、0532ー24493 時間19:00~24:00

 4)「チェンマイ文化センター」ウワライロード 電話05327ー5097 時間19:00~21:30

 5)「シップソングパンナ」タノンステープロード電話05381ー0695  時間19:00~21:30

 「カントークパレース」はナイトバザールの近くにあるため、買い物、散歩してからでも行けることが便利。送迎バスサービスもある。
 「クムカントーク」(画像)は、総合的なランナー美術、伝統技術、道具、建物等が見られるし、民芸品も多くあり、お土産買うには便利。建物もランナースタイルでとっても綺麗なところです。2~3時間前行って見学してからがお勧めです。
 「チェンマイ文化センター」はショーが毎日入れ変わる。団体観光客が多く利用するところだけあって、非常に賑やかです。静かで充分楽しめるならば、「クムカントーク」かホテル内の「バンロイチャン」がいい。

 また、高級な本格的で(値段も高い!)は、「オリエンタル・マンダリン」ホテル内でのタイレストラン。前もって電話で問い合わせと予約が必要。有料送迎タクシーがあります。

タバコは吸わないタイ人がなぜ?

「タイへ短期間出張で2週間バンコクにいました。始めてですが、タイ人は優しいことに印象を受けました。タイが好きです。これからもタイへ行かなければならない感じです。(仕事関係)2週間はタイの人々と付き合って楽しかった。タイ人はあまりタバコを吸う人が少ないと気づきました。どうしたのでしょうか?健康のために我慢したり、やめたりしたでしょうか?タイで独身パパ」
        girls.jpg

 タイで独身ぱぱさん、ありがとうございます。
 2週間のバンコクでタイ人と触れあったことに、感じたことが多くあると思います。タバコを吸わないタイ人が多いとは、本当に大きな見えるところですね。男女とも比較的に日本とはあまりギャップが広過ぎるかも知れない。。。

 健康的な理由もあると思います。しかし、社会的な価値観、習慣、信仰(小乗仏教)にかなり大きな影響を受けている。
 価値観の点は、社会での人々と会ってビジネスでもレジャーでもあまり人の前でどうどうとタバコを吸うことは、まず、「行儀が悪い」との見方。現代では環境問題、健康問題に合わせてみると、なおさら、タバコを吸う人にはもっともっと厳しい目に見られる。。。
 習慣と信仰の観点には、タバコを吸う人に対して、昔からその人々に「アイ・キーヤー」(=のんべえ)と呼ぶ。日本語的な感覚ではない。たんなる「ハードスモーカー」ではなくあまり尊敬しないし、価値がない人のような表現です。
 信仰観点には、タイ仏教は在家が、日常守るべき最低限の決まり(仏教の教え)は5つあります。通称「5戒」。それは、不殺生、不倫盗、不邪淫、不妄語、不飲酒。この最後の「不飲酒」とは、お酒だけではなく、飲んで中毒になるもの、飲んで常識が犯されるものに意味するので、タバコ、アヘン、麻薬等の類いが含まれている。
 これで、人々はあまりタバコを吸うのが嫌がるですね。
 もちろん、ハードスモーカーもいるけど、少ないでしょう。日本とくらべるとなおさら少なく見えて来る!

 このような背景でタバコを吸う人は少ないですね。

ソムタムは午後に食べるもの?

buatong-kaiyang-somtumtoad.jpg

夏に和食でしたら、栄養たっぷりしたものか、淡泊なものかが大きくチョイスで別れている。ウナギや焼肉、辛いカレー、エスニック料理等は前者で、冷や麦、冷や奴、流し素麺、冷や中華等は後者となっている。
 このような気候に合わせる食事は、昔からの人間の智恵でしょうか、自然に身体がそういうものが欲しくなると言う事も考えられる。その自然に合わせると、身体が元気で活発に活動ができる。。。
 
 この事を考えて、タイ人はタイ料理の選びは、気候によって変わるものはあまりない。年中365日はたいした変わった温度ではない。ですから、料理の種類よりも、季節に出て来る材料の変化だけは違う。例えば、グリーンカレーにしては、旬のものの材料だと言うたら、タケノコの旬には、タケノコのグリーンカレーが美味しい。カボチャの時期だったら、カボチャ入りのグリーンカレーは、タケノコを入れるよりも美味しいことは、当たり前ですね。
 このような事で、タイの旬なものは、料理に微妙な変化で美味しさも違って来る。
 
 今日の題名は「ソムタムは午後に食べるもの」とは、本当なのかも知れない。朝よりも、午後(お昼が過ぎた数時間後)の方が美味しい!そして、夕方か夜には、また違う感じ。この夜ときは、ソムタムが美味しく食べられるのは、やっぱり「合わす」次第ですね。

 この「午後で食べるのがソムタム」だとは、元々はランパン県の人々の習慣です。料理のおかずでもないのに、朝、昼、夜にはたべない!そうすると、午後の静けさに、暑い気候での午後はどうしても刺激なものが欲しくなる。。。。これで、シャープな味のもので「ソムタム」が簡単に作れるものなので、すぐにはできるもの。これで、「ソムタム」は決まったものになったわけ。
 ランパン県へ行けば、どこの家でも「午後はソムタムを食べましょう」と、近所を誘いあって作って輪で食べながら楽しい付き合いの一時が、昔からこの地方の習慣。
 
 この事を知ると、真剣に「ソムタム」を試して食べてみました。時間をかけて何度もなく食べてみるうちに、結論ができた。やっぱり、午後が一番美味しく感じる。。。

画像は、ペッチャブン県のタイでナンバーワン有名な「カイヤング・ソムタム」専門店の「ソムタム・トッド」(揚げソムタム)

タイの記録的高温はどのぐらい?

「今年の夏は昨日記録的に最高温度40.9度でした。関東で夏バテで倒れて、死亡した高齢者も多く出ました。
 タイは熱帯国ですが、夏バテがないと仰ったですけれども、最高気温(記録的)は何度でしたか?倒れて死亡する人がいますか?「夏バテママ」
20070817105218.jpg

夏バテママさん;ありがとうございます。
 大変ですね。温暖化の一因で天気異変、そしてこれから世界中災害等が段々と厳しくなるです。寒い国の日本は40度を超えることは考えられないですね。来年再来年は雪でも降らなくなると考えるだけで大変心配です。リンゴや桃、ナシ等が実らなくなると。。。
 
 タイでは年中暑いなので、全国で年間(毎日)平均最高温度は33~37度です。建物や車が多い大都会の昼間から午後3時頃の時間帯は、路上温度は40~45度です。冷房、扇風機なしでの屋内は大体35~37、8度です。
 このような高温度の環境で、向こうの人々はなんとか、普段な生活をおくっている!このために、人々はのんびりする。お仕事でも焦ってない、マイペース式、なにがあっても「マイペンライ」で日々送っている。
 高齢者は、やっぱり冷水を飲んだり、うちわで扇いだり、上半身が下着のみ等のような「ライフスタイル」をしていkるから、「習慣」でもなっているので、いくら高温して倒れて亡くなることはまだ聞いたことがないです。
 また、家の中に我慢していないで、外の庭や木陰の下にのんびり座ったり、昼寝でもする事しています。

 このような生活習慣から、護られたでしょうか。。。

画像は、あまり高温で日本と違って、スルメは1日でできちゃう。。。干物は「1日干し」等の言葉がないですね。最近は日本文化輸入で始めて「肉の1日干し」があるようになったけど。。。

タイ人は塩分取り過ぎ傾向

salt-field11.jpg

タイ厚生省事務次官によって、タイ人の塩分摂取量は1日で小さじ3ぐらいだとの調査でわかった。国連衛生の基準量よりも多かったことに驚いた。
 一昨年の統計では、15才以上のタイ国民は「異常」の領域に入った高血圧疾患が1100万人も達し、人口の22%に当たる。生別には男性は23%に対し女性は21%となり、7年前の調査よりも倍増となった。中に約600万人が自覚症状なしでの高血圧にかかっていた。
 高血圧は脳硬塞、脳溢血等の「生活習慣病」に繋がる恐れがあったことで、厚生省は「国民の塩分摂取量を減らすプラン」を始まりました。生活習慣病にかかった国民への治療費は約2000000万バーツだとの予想。

 タイ人全体は、料理の味が濃い。クッティオ(麺類)や、ご飯にかけるカレー、おかず等のお店で注文して来たものに、さらに調味料セットから塩分等の調味料を入れて摂取する「習慣」を持つ。
 外食習慣が一般的になってきた現代は、病気に関わりやすいとの見解した事務次官の結論。

夏バテ?

melonb.jpg

「夏バテはよく日本人が言うけど、タイにはありますか?コンタイです」

 コンタイさん、ありがとうございます。
 タイでは年中熱いからでしょうか、「夏バテ」という言葉がないですね。タイ人は暑いが当たり前のタイに居ながら「夏バテ」を言ったら、返って可笑しいですね。
 ただ、あまり暑い時期の真夏では、タイ人の健康状態は可笑しくなることもあります。それは、胸焼け、熱が出る、便秘。この3種の健康崩れた状態がよくあります。

 不思議に食中毒が滅多にない!日本人からみてどこでも不清潔そうなのに!。。。
 また、熱中症のようなこともない!自然に身体が「熱帯」に住む(生存する)のに出来ている。(ペットショップの熱帯魚のことではないけど!)

 スタミナや栄養満点の「ウナギ」食べるの「流行り」もないです。ただ、氷水や、氷お菓子、冷した果物各種、シャーベット、果物ジュース等が求めるから、どのお店でもよく売れている。

 代表的なのはスイカジュースです。その他の人気は、レモンジュース、ライムジュース、レモンクラスジュース、生ミカンジュース等々。

僧侶になられたプミポン国王

      royal20.jpg

「福岡親父。タイの男性が、一生に一度は僧侶にならなければならないと聞いたことがありました。国王もそうなられたことでしたと。何時、画像をみせて下さい」
 福岡親父さん、タイの男性が、一生に一度でも僧侶にならなければならないとは、強制的ではないですね。気持ちです。仏教徒ですから、釈迦様の教えを勉強しながら修行出来る人は、社会に「塾生な人間だと求められる」価値観があるのです。また、出家によっては、親に最高な孝行だと、タイ仏教徒国民が信じている。。。
 
 現国王は、即位したしばらく後に、29才の時は、御自らがこの習慣がいいことだと、仏教の教えと修行をされたく気持ちで決心され15日間を僧侶になられた。ワットラチャボピット寺に居られ、毎朝もちゃんと街へ托鉢に出られた。裸足で歩き回って国民からご飯とおかずを頂きました。

 昔、約100年余り前のラマ4世王も長い期間で僧侶生活された。

 以下の画像は、街へ托鉢された国王。下のが、お母様の王宮へ托鉢される。親に托鉢することは、親孝行で、天国へ行かれる機会を与えることに、タイ風習がそう信じている。このために、必ず実家へ行って托鉢や、供養をさせることです。

 
         20070810194511.jpg

          
         45-20060607223453.jpg

タイ封建制?

 
「質問にょね、タイの歴史において「サクディナー制」がいまいちしっくりと理解できません。日本の封建制と大きく異なっていたということはわかりますがどういうものなのでしょうか?」
   ancientthai.jpg


 ヨーロッパに発祥した階級社会に主要階級は封建制を作り出した制度は、タイでの「サクディナー」とは、本質的に全然違います。

 サクディナー制度はスコータイ時代にはなかった。平和で裕福な社会のタイ人には最も自由で幸せな時代だった。

 次いでに来たアユタヤ時代は、スコータイ時代のヨム川の地域と違って、チャウプラヤー川を中心した広大な領域は何倍もの広さなので、従属平民は散らばっているため、まとまるには統一制が必要となった。また、国(国王)の収益を守るには、取り締まる役や制度と権力で納める方法等は必要性となった「サクディナー制度」が、となりのコーム(クメール)(=現代カンボジアの祖国)政治法から借りて新たに作り出したタイ版の制度となった。

 経済政策の目的と同時に国から外敵を守るため、緊急事態は平民を軍隊に即時変化できるように、タイの「サクディナー」制度が指導者と従服者のあり方の性格をも持つ。西洋の封建制の搾取と被搾取関係のようなものではない。

 サクディナー制度は、国王以下全国民のいかなる立場であっても、全員に土地を保有する権利を持たせる制度。階級をはっきりと区別できるためが本当の「土地の権利」制度であった。
「サクディナー」、言葉上の意味は「権利田」。アユタヤーのラマティボディ1世王により、当時のコーム王国から始めて導入した。トライローカナート王(治世西暦1448~1488年)時代に法制確立し、バンコク王朝のラマ7世王時代の1932年の民主革命によって廃止された。
 
        muralpaint1.jpg


 当時タイ国民社会を始めて階級を創って、全国民が「サクディナー」(権利田)を持つことになった。王様以下の王族、公務員、軍隊、平民、奴隷は、総べて各々が「田=土地)を持つ「権利」があることの制令に従わなければならない。国王がこの制令に包含されない理由は、「国の主」であったためです。

 国王より、各々の地位によって名目的に贈る田地の面積で、その人の価値や社会的地位を表わし、犯罪を犯した時の刑量や賠償額の決定の基礎となるものである。

 権利田(サクディナー)は総べての人に与えられる。(土地=田の単位は「ライ」。1ライ=1600平方メートル)大臣クラスは10000ライ、王子は6000ライ、都市の知事は5000ライ、一般庶民は25ライ、奴隷は5ライ。

 しかし、実際にこの広大な面積の土地が与えられるではない。あくまでも「自分で開墾して利用可能な土地(畑になる)にした上で登録し、自己の所有地となし得る権利の限度」に示したものにすぎない。昔のタイはそれ程人口密度が少なく未開墾地が多かったわけであった。

タイ辞書がない?

      rajabandit-dic.jpg


 「パパ大砲です。タイで勤めて5年目です。事務所の女の子でも男性も何かを書く時に皆が簡単に(?)書いたそうに見えますが、日本人は必ず辞書などを開いて書くのです。不思議に思いますが、タイ人にはタイ語辞書がないですか?。。。」

 パパ大砲さん;ありがとうございます。タイでもう5年になりましたか?何もかも慣れていらっしゃるでしょう。
 そうですね、言われてみれば、自分もあまりこの事を考えたことがない!タイ語ではタイ人は書くときあまり辞書を見て書く習慣がないです。習慣よりも、誤字、スペルが間違えても平気で相手や公式に出す!
 日本人みたいにいちいち気にしないというか、おおざっぱな性格タイ人が平均的です。反対にタイ人の後輩たちに話題があったことがあった。彼らには、日本人が難しい日本語を作ったから、自分たちを苦しむ!自分の日本語を書くのに、辞書を引きながら書く!手紙一枚でも、辞書を脇に置いて書く!等々。。。。

 この「正確さを厳しい」日本人、「几帳面」な日本人は、恐らく世界中このくらいを持っている民族は、ここの大和民族だけでしょう。。。

 日本では本屋さんへ行って、各種の本のコーナーを見てみると、辞典、辞書コーナーに結構人がよってくることに、感心しています。
 タイでの本屋さんだったら、辞書コーナーには滅多に人がいない!実用書コーナーも少ない!あえて、タイ人は道楽の本だけが求めているかも知らない。。。

タイ語の辞書、辞典が沢山あります。国の機関(国学院)母国語を責任している部署で出版した「ポッチャナヌクロム・チャバッブ・ラッチャバンディッサターン」が、学会の参考書とする、基本とするものです。(画像)その他、文化庁や、学者、各部門の権威者、新聞社等で出版辞書、参考書等が沢山あります。




冷奴

「パパイヤです。タイのビールに合う料理は良くわかりました。しかし、日本では全然違うですね。ヤキトリ、お浸し、冷奴等々。どれもが「さっぱりしたもの」が多いです。ヤキトリだけは、肉ですね」
 wa.jpg

 パパイヤさん;
 日本の肴がほとんど薄い味のものが多いですね。なんでだろう?気候の影響が大きいだと思います。日本の冬には、タイカレー等を食べてもあまり美味しくない。ソムタムもそうです。冬よりも、夏の方が美味しいですね。
 タイの肉類の肴は、少し脂があった方がいいと、昔から聞いたことがあった。その理由は脂のものは胃袋の壁を、アールコールから守ってくれると言われる。
 このため、ナムトク、ラーブ、スア・ロングハイ等は、少し脂っこいですね。唐辛子が脂を溶ける役なんです。
 
画像は、札幌店の「和楽村」の人気メニュー「冷奴」。
 

ビールに合う料理


 「先日、ビールに合う料理というテーマのパーティーの記事ですけれども、どのような料理でしょうか? DJ。」
  yum-muu.jpg

  
DJさん; ビールに合う料理というものは、簡単に言えば、タイのイーサーン料理が殆どです。別にちゃんとした決まりがないですが、飲みに健康的であり、ビールが美味しくなりながら、その肴となる料理もより美味しくなる。。。
 特徴は、辛さ、さっぱりした味と辛さ、酸味等があるもの。そして、揚げ物だったら脂くないで歯応えなカリカリですが、堅くない。ヤム類、スープや汁ものだったら酸味と辛さがブレンドしたもの。大体このようなものですね。
 しかし、極端で言うと、「特にお好きなものだったら何でも構いません」。何がいい、何がダメという、こだわりよりも、「酒が美味しいし、肴もより美味しくなる」であれば、一番いいですね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。