SEO対策/広告
ようこそ我が家へ
FC2ブログ
 

『タイ人』のソムチャイさんの『聞きタイ、知りタイ、わかりタイ』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リストバンドで僧王を祝福する

 今年の4月でタイ国の僧王が96歳のお誕生日を迎えました。高年なため、ちょっと前からは国の配慮でバンコクのチュラロンコン病院の特設へお過ごされた。日常生活に特別なお世話ができるためである。
       sankaraj.jpg
 「ヤナサンヴォーン」現増王は、タイ国民に非常に敬愛される。国民の生活、職業、教育等広範囲を福祉と援助活動を中心に献身的な役を果たされておられる。
 今回のご生誕祝いは、国上げて10月11日~13日に行われました。所属主としての「ラチャボピrット」寺で日常生活されていた「お部屋」を模型して公開し、お説教した言葉の本出版、福祉活動された写真パネル紹介等がありました。
 今回のご生誕記念イベントとともに、増王の願われている福祉計画基金として、祝い運営委員会で「リストバンド」を作って販売。売上を基金へとの目的。
 リストバンドのデザインは、3輪で連なりになっていて3色で、増王の紋章(お名前の頭文字デザイン)と祝福お言葉の手書きの写しが空色バンドと白、黄色バンドに刻みいれてある。

 wristband-3.jpg
 このリストバンドは限定品なので、売り切れはそれで終わるとのことで、現地の運営委員会や、各銀行窓口で買い求められる。日本でしたら、タイ大使館や、バンコク銀行(東京新橋)で問い合わせれば入手できると思います。

スポンサーサイト

ムエタイデザインTシャツ

       t-shirt.jpg
 とっても気に入るデザインです。
 このデザイン入りTシャツがネットで通販している。
 しかし、残念ながら販売が終了したので、アクセスURLは忘れましたし、ここにご紹介できなくなった。限定品です。
 
 日本にムエタイファンが多くおられて驚きました。
 ムエタイ通もおるなんて信じられない!
 
 今度の予定は?
 定期的に開催ができればファンはどんなに嬉しいでしょう。
 しかし、定期的に開催すると、やっぱり選手がいないとできないことになる。
 強いボクサーでなければ面白くないし、かえって逆効果になる。

 
 
 

パクシーが大好き仲間達


              curry-ingredient.jpg
今回の新年会で集まった方々は「パクシー愛好家」と言っていい!
 タイ料理には、パクシーが非常に大きな役割がある。
 香辛料の仲間に役割分担のようなもので欠かせない一つ。
 しかしながら、単独での大きな役割でもよく使われている。大抵単なる飾りで料理の上に載せるだけと思った人は少なく無い。じつは、それを生でその料理と一緒に召し上がるためです。

 日本人はこのパクシーが嫌い、匂いがきついだという感じた人が多い。
 今まで知り合った日本人の中には約90%はパクシーがだめです。中には人生半分以上でタイに住居した人でもおられます。
 
 しかし、この間の集まりは、なんと全員がパクシーが大好きな方々ばかりだった!本当に吃驚した!
 実は筆者もパクシーが大好きです。
 子供の時からよくパクシーだけを食べた!材料として準備して置いたパクシーがよくなくなったり、量が減ってしまったりしたことで、その犯人はと。。。母親に怒られてもいつまでもなおらなかった!
 
 パクシーが好きでたまらない方には朗報です。

 それは、パクシーを沢山食べられる料理があります。。
 生のままで大量なパクシーが食べられるものがある。しかも、より美味しくなる!
 それは、「サークーサイムー」(蒸しタピオカ団子)です。
 このサークーサイムーは、必ずパクシーが添えるものです。
 タピオカ団子の中身は、豚挽肉といろんな材料で甘辛煮もの。
 この煮たものの味は、パクシーと食べないと、味が濃くてあまり食べられなくなる。
 沢山パクシーを多く食べる程、団子が美味しくなる不思議なものですね。
 この「サークーサイムー」はおかず料理ではなく、間食おやつです。結構お腹がいっぱいになるおやつなので、ダイエット食の一つとされている。

ソムチャイさんの新年会!

lumyai.jpg

 テーマは恐ろしいこと!
 筆者の新年会と言ったらお世話になった主催者を始め、参加するファンの皆様に怒られてしまう!
 「タイスポット」が主催する「新年会」です。
 筆者も参加させていただきますので、是非このページのファンの皆様も参加して欲しいと思います。お会いできるからです。よく応援して下さった読者の皆様に感謝の気持ちでお目かかりたい。。。
 タイ料理愛好家だけではなく、統べての職業や事情によってタイとの関わりあった方々の集いです。お互いに知り合って話し合って助け合い仲間です。

 期日は非常に迫ってきました(1/17日)ので、申し込みを速めにお願いします。なお、席は場所の関係で制限されていますので、お早めにどうぞ。
 詳しい事は下記の通りです。
 画像は会場となるタイレストラン「ラムヤイ」とその地図。
 
  「ラムヤイ」レストラン、電話03ー3205ー3219

  ●場所:ラムヤイ
   都営大江戸線東新宿駅より徒歩2分
  ●日時:1月17日(土)17:00~19:30
  ●会費:4,000円
  ●メニュー (ここならではのお勧めー自慢料理)
1、ネームクルック(タイソーセージと香菜のサラダ)
2、コームヤンナムトック
3、アヒルと豚足の煮込み
4、クンパップリックオン(海老の辛し炒め)
5、トムセップ(内臓のスープ)
6、ムーマナーオ
7、カオマンガイ
8、デザート
飲み物は基本的に飲み放題
但し、ビン物は制限あり
※お問い合わせ、参加ご希望の方は、info@thai-spot.com へメールでお願いします。
詳しいことは主催者へメールして下さい。アドは:info@thai-spot.com

 では、来る17日に会いましょう。

Happy New Year 2009

 
         
新年明けまして おめでとうございます。

           yellow-cat.jpg

   

    from......

ソムチャイ




「タイにおける日本との繋がりを示唆する問題」

「ソムチャイ様
はじめまして。
夜分遅くに失礼します。
現在関西の大学に通っているPと申します。

アジア(特にタイ)について知りたいことがたくさんあり、
ソムチャイさんのHPを見て、ご連絡させていただきました。

早速質問ですが、「タイにおける日本との繋がりを示唆する問題」は何ですか?

わかりにくい質問で申し訳ないのですが、つまり「タイにおける社会問題の中で、特に日本が影響している(関わっている)問題」はありますか?
例えば、日本企業が進出することによる人々の生活への影響や観光に関することや環境問題など・・・
インターネット等でリサーチをしているのですが、私自身、タイについての知識が少ないこともあり、なかなかタイにおける問題を知ることができません。
もしよろしければ詳しく教えていただきたいと思っています。
よろしくお願いします。」
              koizumi-inthai.jpg
 まず、Pさまにお詫びをもうしあげたいです。
 質問メールを拝読させて頂きました。すぐにお返事でなければならないとは思いつつ、仕事が急に忙しくなって、大事なものだし期限も迫ってできそうは中々ない!(翻訳もの)これは、毎晩夜ふかしてはしなければならなくちゃ。。。本当に大変申し訳ございません。
 一方のページの「タイ万華鏡ー2」では、幸いに原稿が前から用意してあった分で間に合いました。
 もう、1ヶ月も過ぎましたけれども、お役に立たなくなったでしょうか。。。本当にすみません。

 Pさんの質問は本当に大事なことですよ。知っていても具体的には言わない人が多い。軽く見たりして「マイペンライ」精神からでしょうか、タイ人はのんびりで人任せ的な癖(習慣)が多い。
 建国時代から、タイ民族は平和が好きで戦争や権力での戦いは本当に少ない。国内の他民族、多宗教信仰が多いにも関わらずお互いに平和的、助け合った生活して来た。これが伝統的になったものを見ても分かると思います。例えば、言葉、日常生活、踊り、美術の表現等々が、総合的に見てみると「おおらかな明るい、奥ゆかしき、ゆっくりと誠実さがある」。これが、平和な日々からの反映でしょう。
 さて、Pさんの質問にお答えはまとめてみましたが、あまりまとまらない!一部だけの大きなもので、代表的なことだけを書いてみました。筆者は仕事柄関係と、昔から日々から新聞等の情報吸収が好きなので知り得たものを書いたものです。もちろん、角度違いの見方もあるだろうと思いますが、真実なんですね。もっと深く詳しい事がまだまだ沢山あります。書き切れないので、Pさんがもっと詳しいことのポイントを、さらにメールを下さったら幸いと思います。(今度こそは即ご返事にならせていただきます!)
    IBO_3.jpg
 ●企業による
※環境問題:
 ちょっと数十年前、大きな問題は全国的に雨量が段々と減ること。これによって、農業特に水田は出来なくなったり、不作や、干ばつ等が末端となった現象で現れた。その最大な原因は、国の「緑」が急激になくなってしまったからだった。森林破壊となった木材工業。特に日本人好みのチーク材、黒檀(こくたん)等は、日本企業によって輸出した。大量のために、全国的に現地タイ人の協力によって不法木材採取した。。。

 ※重工業の工場からの排出した廃棄物。土壌や水源汚染の元となった。タイは日本程規制等は厳しく無いが、日本人企業主は経験と知識からでは熟知であるはずだが、知らないブリ、見ないブリで「なり行き」に、ままに任せること。
※派遣社員が多い中で、「日本人街」ができる程の工業地帯(イーストコーストエリア=チョンブリ県とその周辺)で新住宅街プロジェクトが次々とできた。これによって、地価が数十倍も跳ね上がった。不動産、インテリア、家具等々がそれなりに「日本人向け」指向となり、極端的に起きたバブル経済が次第に全国的に広がることは、拒否できない事実だった。
         IBO_1.jpg
●観光客による
※経済影響:
 日本の生活標準はタイより高い。物価は当然タイより倍か数倍高いため、日本人観光客の購買力が統べての他外人よりも高く、物価が高くなる結果となる。国の収入が大きくなるのがいいのすが、一般庶民の生活は大きな影響を与えた。同じものは、観光客が行くところより、一般のところの方が数倍も安い。そこで普段で生活している庶民は、わざわざとよそへまとめて買い物にいかなければならなくなっている。 

※価値観:
 タイ人にとって観光客の総合的なイメージは、「格好いい、自由がままだ」。若者はそのような外形的、行動的に真似ている。「日本をコピーする」現象は、ファッションから食べ物までに街中どこでもみられる。
※ また、若者観光客の「バクパク族」での「簡素な身ぶり、汚い、安い」等のイメージを真似る若者が多くなって来ているため、大人世界では「今の日本人は昔と違った。汚い、礼儀が悪い、無駄で貧乏なのだ」と受け止めてしまったイメージを描いている。。。

※ 水商売が繁栄に:
 日本人観光客の男性は、タイへツアーには、夜遊びが欠かせない本音である。また、観光客に限らず、常住者(ビジネス、派遣社員、企業者)にも同じ「憧れ」をもっているのが間違い無い。
 これによって、日本人向けパブ、クラブ、サウナ等は統べてが売春婦付きでなければ、日本人が入らないと言っていい程!これによって、「じゃパ行き売春婦」が盛んになってしまった。どこのパブの接客女性の殆どもが「日本へ稼ぎに」憧れている。これによって、仲買人ができて、いろんな国際的な犯罪がネットワーク化までになった。

※ 購買力を持つ若者バクパク旅行者によって、アヘン、麻薬等の覚醒剤各種密業者をつくり出した結果となる。タイ国境に隣接している三角地帯の世界有名なヘロインやマリファナ産地へ行く若者が人気らしい。その目的は覚醒剤を売買し日本へ持ち込む。または、そのルートの商人たちとコンタクトして購入する。このような行為によって、国が厳しく取り締まりで治まったはずだった密売業が、再び活発となって来ている。「日本人ツーリストならば、高価的にだしてくれるから持って行く」ことをタイ国土内で作ってしまう結果となっている。
    aso-nit.jpg
● 国レベルでの援助活動等による
※不均等によって効果的ではない結果:
 日本政府からの援助計画が素晴らしい画像のようなもの。しかし、効果的では本当に「悩んで困っている」ところへプラスになっていない。両政府(タイと日本)の良いパフォーマンスに過ぎない。実際に貧民等へ誠実にボランティア的な民間団体の大部分がその援助がニーズにも関わらず届けていない。日本から援助は、政府はすでにもっている予算をさらに足していくだけに、使用される状態が多い。
 これがよく知っている非営利活動の民間か半民半官団体のそれぞれは、活動援助金を得るのために努力して日本へ各団体や政府等へ直接申し入れても、官僚的なマニュアルを大事にする日本側に、全部と言ってもいい程断られた。または、「貴政府を通して援助でいきますからそちらへお伺いして下さい」のような、丁寧なお返事等が、決まったパターンになっている。

※インフラストラクチャーに傾向:
 十数年前に日本から国レベルでの援助が、殆どが巨額的なものなので、殆どインフラストラクチャーになった。必要以上に建設等があったため、自然環境が大分なくなっていた地域との結果になった。環境保全民間団体が叫びによって、大分治まったですけれども、自国(タイ)だけはまだそのような巨額的なものが欲しがっている!
 以上ですが、ほんの一部だけです。お役に立つになっていますか?
 また、いつでも何回でも遠慮なくメールをどうぞ。

お寿司が好きですか?

「ソムチャイさん、メール友のタイ人はお仕事関係で来月日本へ来ます。家へ呼ぼうと思います。お寿司が好きだと言っています。タイで日本料理が流行っていると書いていますので、和食を作ってお迎えようと考えています。主人はお寿司が好きだと言ったら、出前を注文した方がいいとの意見です。お寿司だと、タイ人は大丈夫ですか?どのようなお寿司(ネタ)がいいでしょうか?サクラ」
         sushi-to-all.jpg
 サクラさま、嬉しいですね。お友達が本当に日本へ来られてお目掛れること。メール友で何年になられましたか?

 お友達が書いたような事は本当ですね。タイでは近年来和食が非常にブームで何でもかんでも「日本」のものならば、飛び込む!これで悪業者はこのような機会を利用してしまった。日本輸入や、日本のもの等を見せかけものが多く出回っている。。。

 「和食が健康だ」と結び付くような考え方で、(ま、本当はそうなんだけれども)生もののお寿司、刺身等が大分食べる人、好きでよく食べた人が多くなって来ています。ちょっと昔だったら、お寿司や刺身のような生ものはダメだったのに。

 お寿司は、タイ人にとっては食べ易いような感じですね。この間の夏休みでバンコクへ帰りました。本当の日本レストランや、タイ人が経営している「日本風(タイ人向きな日本料理)レストラン」へも入ってみました。
 純粋日本レストランや料亭は、日本人経営で板前さんも日本人、注文受けも日本人です。客は殆ど日本人のところは、あまりタイ人が入らないですね。まず、まわりが全部日本人なので、自分が日本語が分からなくて注文にも、どこに座ればいいか等が非常に緊張感があるからでしょうか。また、料金も一般より高いので、結局タイ人はこのような処へ行かない。
 一方、タイの日本(風)レストランは、非常に賑やか!若者でも家族連れや、学生連中等が、非常にそれぞれが「日本料理」をエンジョイしている!お味はやっぱりタイ人好みですね。例えば、一番人気はとんかつ。とんかつは形が満点ですが、味はやっぱりタイ人好みの揚げ方。お肉が結構厚みですが、硬い!味噌汁は、インスタントですからまあまあですが、具はワカメが殆ど。お寿司は、本当にびっくりする。しゃりは甘過ぎる!握りはしっかりしていないので崩れ易い!海苔は香りやぱりっとしない。噛んでもなかなか切れないようなもの!これでも、タイ人にとっては「最高!」だと。
 つまり、「和食」が=「健康になる」から、「形だけでも嬉しい」。または、本場の本当の味、本当の形等が全然知らないので、最初会ったものには、感動してしまうからしようがない。憧れたものに目の前、触れられる、肌で感じ取れたから「最高」だ。

 サクラさん、お寿司だったら、セットでいいと思います。いろいろがあって、きっと嬉しいでしょう。これで、一生の記念で、とっても印象になると思います。「本場の日本で食べた」等お友達にも、家族等へ自慢できるかも知れない。
 またの機会があれば、自分で作る「手巻き寿司」でもいいですね。印象的だし楽しいです。
 
 画像には、タイでお寿司教室(右上)。数年前から急に多くできた。どこでも「日本本場のお寿司」教室等と言う。教える人はタイ人ですけれども、握り方や具の扱い方等が、見ると、なるほど「タイ人なんですから」無理かも知れないと思いました。が、一生懸命覚えてきたから、今は職として人々を教えていて、可笑しくてもいいじゃない?と、自分に言い聞かせた!

 サクラさん、ご安心して下さい。和食が好きだったら、なんでも喜んで食べてくれるでしょう。ただ、納豆だけは未だダメかも知れない!これだけは控えて置きましょう!あ、もう一つ!生卵をご飯にかけるようなのも、恐らくダメです。(筆者の大好物ですけれども!)

 楽しい日々がおありますように、心からエールです。

揚げバナナをつくりたい 

「タイで屋台のバナナ菓子にはまってしまった!揚げながら売っているなので、作り方をみました。しかし、ころもの材料が分からない。ソムチャイさんにお願いします。レシピ-を教えて下さい。裕子。」
KK.jpg
 裕子さま;
 タイでは全国的にどこへいても必ず揚げバナナ菓子屋台が見られますね。しかも、なかなか美味しくて病み付きになり易い!私は大好きなおやつです。学生時代は家路によく寄り道でこの揚げバナナを買って食べながら帰る。タイでは「クルアイ・ケーック」という。このおやつは知らない人はいないです。
 今日本ではバナナダイエットがブームで、どこのお店でもなかなか買えなくて、輸入会社が輸入量を層倍にしても間に合わない状態。ほんとうに可笑しな話しですね。時代によってのブームなダイエット品は、日本人の情報に左右され易い民族だと感じている。ちょっと前だったら、水ダイエットだとか、にがりダイエットだとか、ナタデココ等々。今回のバナナは、どのくらい続けて行くだろうかと、楽しみに見ています。変な言い方ですけれども、そのような気持ちです。
  kluai-khaek22.jpg
 どこの「クルアイ・ケーック」屋台でも、殆どは作りながら揚げて売っているため、ちょっとだけでも見ると作り方が分かるですね。肝心はそのころもです。店によっては微妙な違いがあります。ちょうど日本の天ぷらのようなので分かりやすい。
    kluai-khaek2.jpg
 使うバナナはあまり熟成すると、揚げる時に脂濃くなりやすいし、とろとろになってしまうので、ちょっと青めを選びが大事。しかし、あまり青いだと、バナナの甘味がなくて渋いものになると美味しくない。日本で一般の果物屋か八百屋でのバナナだったら、できるだけ青い色が少しかかっているような薄い黄緑色のものを選んで下さい。もし、アジア食材店でしたら、「クルオイ・ナムワー」(モンキーバナナ、小さめで、角がはっきりした形のバナナ)があれば、薄い黄色(白いがかかっている)のを選んで下さい。青いものでもいいですが、やっぱり甘さが足りなくて渋い。
 衣の材料:
 上新粉 120グラム、ヤシ砂糖(なければ普通の砂糖でも構いません)20グラム、黒砂糖80グラム、小麦粉大さじ2、ベーキングパウダー大さじ1、ココナツヤシフレーッキ120グラム、白ごま30グラム、ココナツヤシミルク450グラム、塩小さじ1、バナナ9本(1本は横半分にしてさらに縦3当分に切る。1本=6枚)
 統べての材料を混ぜてよく滲むまでになってから、バナナをつけて揚げる。
 焦げないように綺麗な狐色になるまで揚げる。
    kluai-khaek.jpg
 バナナの他に、サツマ芋、里芋でもできて同じ美味しいです。上の画像は里芋です。イモ類はあまり厚切りでしたらできる前に衣が焦げてしまうので適度な薄さがいい。フライドポテトのような形に切ることもいいと想います。


値切る買い物

「値切るの話題で仲間と楽しく話しました。大体私達の値切るはソムチャイさんが教えたより高くなってしまう。そこまで勇気がないからですね。100バーツと言われたものを、90バーツか80バーツでは大変嬉しくなったのに。。特に大きいものか量的には、言われた金額が大きいのでとっても値切りにくい感じをしてしまいました。タイ魂日本人」
 タイ魂日本人様;
 お買い物は、やっぱり勇気がいるですね!ぎりぎりまでに値段を言ってみないと分からないし、怒られて怒鳴られるかも知れないですね。物を投げられ、パンチされるかも知れない!
 大きいものや量的なものには、なおさら難しい感じること、その気持ちが分かります。どの程度では相応なお値段だか、分かりづらいですからね。
        shopping4.jpeg
 しかし、筆者はこう考えた。
 大きいもの、特に高価なものには、まず、売り難い商品が多いですね。必要以上だったら誰でも大金を使いたくないことは、当然な話しです。
 売り手では、このたまにしか出ないものは、大抵適当な儲かる分だけを値付く。
 売りたい気持ちは、小物よりも強いですね。だから、値切られても売れる線までならば、直ぐOKですよ。
 大きいものには、値切ることは、3分の1を引いては、まず大丈夫です。
 例えば、お庭に飾り水瓶(腰の高さで直系は60センチ)は、1500バーツと言われたものに、820バーツで筆者は買えました。
 売り手は1200バーツを言ってたが、どうしてももっと下げて欲しいと言ったので、歩き去ろうとすると、再度1000バーツが最下ですと、「いらない」と答えたが、「いくらだったらいい?」と、「じゃ、800は?」
 「損するよ」と言われた。「予算がないからいりません」でしたら、今度「もっと20バーツを下さい。食事代だけでも。。。」と言った状態。
 これで、決めてあげた。
             kluai-hakmuk.jpg
 この青いバナナ、右手の1本ままでは8つ房がついている。全部この状態で200バーツで買いました。普通でしたら、1房で大体40~50バーツで、全部は約350バーツからです。
 量的ではやっぱりまとめての値段があまり低く値切られないが、3分の1を引くにすれば、大丈夫です。さらに、半額に近くするならば、間違いなく原価か、仕入れの値段に等しいですね。
 まあ、売り手の収入にも考えてあげた方がいい。あまり値切ると可哀想ではそうですが、あまり儲かり過ぎると、こちらはなんとか「不公平」なる感じ。。。人間っていうのは「可笑しい」ですね!

タイカレーに生卵は?

kangphed-normai2.jpg

「ソムチャイさん、昨日テレビ番組でカレーを生卵入れて美味しいっていう情報がありました。大阪風のカレーライスには必ず生卵を入れる。インドーレストランで、インド-本格的なカレーに生卵入れてインド-人シェフに食べさせた。彼はびっくりして、あり得ないことだという。一応美味しくてマイルドだとの感想でしたけれども。
 私はタイカレーが大好きです。この生卵を入れると美味しくなりますか?ソムチャイさんはどう想いますか?玉子に誘惑」
        
 玉子に誘惑様、ありがとうございます。
 ちょうど、私も見ました。楽しい番組ですね。日本全国の自己主張とそれぞれのライフスタイル。それぞれの習慣等がいい所としてその地方、社会に合っている。
 生卵をご飯にかけて食べることが大好きです。納豆も。いくらあっても全部たべてしまう!しかし、日本のカレーには、それを見ると分かります。やっぱり、日本のカレーライスは、殆どがきつく感じている。というのは、食べた後、何時間経っても胃袋は重く感じる。個人的には日本のカレーはあまり合わないかも知れない。嫌いではないが、できるだけ少なめに食べる。それでも、やっぱりお腹がいつまでも「何かが」残る!実は、このような重いカレーは、ピックルか生野菜、酢唐辛子等のさっぱりしたものを合わせて食べるのが一番いいかも知れない。しかし、なぜか、日本人がこの傍役を見のがしてしまう。満足で「美味しい」だけに胃もたれ等が感じなくなったでしょうか。。。
 そして、生卵はあのカレーを、マイルドにする役割を果たすですね。本当に食べた事がなくても理解できます。生卵は、煮込んだカレーには沢山使った油や澱粉(じゃがいもから出たもの、ルーに既に入っているもの等)等を押さえる働きです。詳しい化学的な成分が分からないが、その影響があるに違いないです。
             khaijiaw.jpg

 さて、タイカレーには?入れてみて食べてみたらどうですか?
 私自身は入れないです。入れてみようともしたくないし、食べてみたくもありません。
 タイカレーは、各種香辛料成分、材料、味、香り等は統べてがすでに数百年前から出来たものなので「完成品」となった。いろんな試行錯誤は経て現在までは世界中の人々に認められた。その物が個性的に特徴があるので、生卵を入れると。。。別の食べ物になるですね。
               plakrob.jpg
 美味しくなるか、これが、個人好みの問題になるですね。
 玉子がお好きだったら、タイではカレーと合わせて食べ方がある。
 それは、カレーにオムレツや目玉焼き、カリカリに揚げた魚等と食べるのです。
 温泉玉子でもいいですね。これらは、やっぱり辛さからの刺激を緩和するためです。大きな役割の傍役たちです。
 

khaidaw33.jpg


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。