SEO対策/広告
ようこそ我が家へ
 

『タイ人』のソムチャイさんの『聞きタイ、知りタイ、わかりタイ』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイの方との付き合い方

อุดรธานี1

はじめまして。ソムチャイさん
タイの方との付き合い方をずっと模索していて
やっとこちらへ辿り着いた35歳K.Aといいます。

まずは状況説明から。
5月から私の会社にはタイから
職業訓練生として3人のタイ人男性(21歳~23歳)が
働いています。(3年間の予定)
そのうち2人が日本語がまだあまり話せない喫煙者。
もう1人が結構日本語が話せる非喫煙者。
私は喫煙者なので喫煙者の2人とよく交流します。

我社は従業員40人前後9割男性。で木材加工工場です。
彼らは工場、私はデスクワークの技術職。
仕事で彼らと関わる事はないのですが、休憩時間など
交流していて喫煙者2人とはおそらく会社の中では中のいい部類です。
最初に、歓迎会で積極的に話しかけ、名前を覚えてもらい、
1月後に後輩1人と喫煙研修生2人(以後WとR)
をラーメン屋に連れて行き、
そのまた1月後にR1人と二人で(シフトの都合上)
タイ料理屋さんで夕食飲みをしました。
(私が自主的に支払いしています)

อุดรธานี3


最初に説明しておきますが、私にはパートナーがおり(未婚)
彼らにはまったく下心も恋心もありません。
ただ異国にきて言葉もまだなかなか通じない状況で頑張らなければ
いけない彼ら。
我社の男性はちっちゃい奴らばかりなので財布の損と
日本語があまり通じない彼らと付き合うのが面倒なのか、
あまり関わろうとはしません。
私は、異性なので友達とはいかなくても
せっかく日本が好きで来てくれた彼ら。
せめている間だけでも力になれればなぁと思っています。

そこでご相談なのですが、
① ネット検索ではタイの男性は女性との友人関係は存在しない
特に日本人は金ずるだと思っている。といいますが本当ですか?
(気分を悪くしたらすいません。)
タイの男性は女性との友人関係は存在しないということは、うそですね。ネットで検索とは、このように書いた人は、たぶんに日本人で裏切られたか、偏見を持つ方です。現代タイ社会には男女友人は当たり前です。友人として一緒に飲食を楽しむとか、カラオケバーに行くとか、映画や買い物など。真剣に付き合わないで本当に友達として、その時、その機会だけです。

このパタンは同じ職場が多い。違う会社か職場は遠いだったら自然にあまり会わないから、恋人でなければ、わざわざと連絡してデートみたいにはしない。親友(同級生、同じ出身校)ならば、恋人でなくてもよく会う友人の男女でも少なくない。

 「特に日本人は金ずるだと思っている」。。。これも、偏見か、悪い印象に遭ったか、思い込みかと思います。「金ずるい外人」とは、インド人、インド系(パキスタン)、韓国人、中国人、イスラム系の国々の人だと、昔よく聞きました。今でも変らないと思います。

  場合によっては、もしかして、バックパク旅行者の日本人に対して言う屋台業者ではないかと、想像しています。安物での屋台に、「値切るせよう。。。」という、情報誌によく書いてあるから、読者のバックパック族は、信じ込んでしまって、粘りよく値切ったからです。お店の人は周囲にいる人々に、「この「ユン」(ジープン=日本人)奴はずるいね。。。」とは、筆者自分の耳でよく聞いたことがある。このような風景はバンコクのタニヤ街の屋台には、毎日必ず聞けること!


② WとRはあいにく同じ部署に配属されシフトが違い、また雪が降らない
時期は工場は忙しく週一休みがほとんど。
1人だけを遊びに誘った場合、嫉妬的なことで二人の仲が悪くなったりしますか?
 嫉妬はありうるです。タイ人の考え方は小乗的が基本です。なので、自分を中心に、他人(友達であっても)は自分より良い環境に置かれ、待遇はよりいいという、シットから嫌うに展開し、敵とするまでにはよくある。男性でも女性も。女性はもっと怖いですよ。


③ 今週末も遊びに行こうと誘ったんですが(日曜)どんなところが喜ぶと
おもいますか?
 日曜、休みでは見学や遊び、気分転換としては、どこでも嬉しいと思います。来たばかりですから、なにを見ても興奮で憧れるです。(物質が豊かさ、便利さはタイではまだ日本と比べるとまだまだ遠いですので)経済的に考えたら、あまりかかるところには連れて行かなくていい。(映画館、ボーリング、テーマパーク、ディスにー等)
 また、友人で「シェア」することは普通(常識)です。相手がケチだとか、ずるいとは思わないです。学生同士のどこかへ遊び、飲食では、よく「シェア」(各自払いか、割り勘)しますよ。(小中学生でも分かってやっていることです)
 ただし、相手のK.A さんは、いままで自主的に払う(毎回)と、彼らは 「払ってくれるのは当たり前だ」 と思われてしまう。次回からず~と払わなくて知らん顔する。「日本人はお金があるから、自分は収入は少ないからいい」と思ってしまう。よくないと思います。 もちろん、少ないなら、少ないように払って欲しい。家へ送金するからと言って、小遣い分としてのがあるはず。でなければ、行くことを断れば、相手はどうしても一緒に行って欲しかったら、互いに気持ちわかったうえで、「おごる」だと、はっきりとしたシチュエーションを作った方がいいですね。長い目でみると彼にとっては3年間の間に人間関係はよりスムーズに行かせることです。


④ 今後彼らとの付き合い方でアドバイスありましたらおねがいします。
  地方から首都のバンコクへ留学させてもらった人は、大抵2タイプがある。
  一つは、裕福な家庭。親はお金で子育てる。このような子供や青年は社会への思いは、どんなことでも「お金」で解決できると。だから、海外へ留学できなくても、遊び半分の気持ちで、就労の形で日本に来る。このタイプは親から毎月送金してくれる。。。。身振りを見てもだいたい読めるですね。ピアスや、ブランドシャツ、ジーンス等。甘えん坊、仕事は本気ではない。ただ海外へ体験しての初期を過ぎれば、ある程度日本語がわかり、日本の乗り物などに慣れてくると、職場を去ってしまうとの内心があるかも。。。
  もう一タイプは、まじめで、中流か貧困な家庭から育てた人。学校の成績が良い人が多い。奨学金をもらえ、バンコクの良い学校の入学試験も合格で、留学しながら、アルバイトして自分の宿舎代などに。親孝行したい気持ちが強くもち、兄弟姉妹に思いが強い。また、海外出稼ぎした人々から聞いたことで、是非自分も負けたくないから、家族を裕福にするという夢で「日本へ行きます」と決心して出てくる。このタイプの人は勤勉で倹約。人に対しては思いやり、人を迷惑したくない、謙虚か内気。

  要注意ことは異性からよく誘って飲食には慣れてくると、「別な意味」と思われる恐れがある。とは、「セックスフレ」にしたい相手だと、この思いが段々と膨らむと危ないです。犯罪に展開してしまうと。。。このようなことも忘れずに気を付けながら、無事に3年間を終えれば一番嬉しいですね。
  
  
อุดรธานี4


ちなみに
Rはウドンタニ出身バンコクの専門学校をへて研修生へ
弟1人
サッカー好き。ムエタイは苦手。タイへ帰ったら僧侶らしい
実家は米屋か農家。
おしゃれさん。ピアスの穴もあいている
音楽も好き。日本へきてからギターも買った。
私の髪型ツーブロックロングに憧れている
たぶん気分屋。
彼女無し。

Wは同じくウドンタニ出身バンコクの専門学校をへて研修生へ
兄1人
専門学校でサッカーをしていた
本人曰く研修が終わっても日本で働きたい
人見知りだが、なれると末っ子らしく甘え上手。
母からの仕送りらしきものもあり
酒も強い。
彼女(タイ在住)有り。

長くなりました。
ソムチャイさんのお力をお借り出来れば幸いです。

  画像はウドンタニ県の名所と世界に誇る最も古い土器「バチェン土器

スポンサーサイト

タイで屋台を出店したい

カオサーン屋台ロード

ソムチャイさん

はじめました。
五十嵐と申します。

サーヤさんのブログからこちらのブログにたどり着きました。

以前タイに旅行に行き、タイの屋台の食文化に驚かされました。
安い値段でいろんな食材が楽しむことができ、とても楽しかったです。

で、ふとタイの屋台で日本の屋台であるようなもの(焼きそば、たこ焼き等)で出店したらおもしろいかなと思いました。

そこで一つご質問したいのですが、タイでは外国人(日本人)が屋台をだせるものなのでしょうか?
また、もし出せないとしたらどのような理由からなのでしょうか。


そして屋台エリアをまとめている方はどのような方々になるのでしょうか?
(日本国内だと怖い人達がでてくるイメージですが)
知り合いからタイでお店(屋台でなくテナント式)をやっていると、警察がワイロを要求しにくる
という話は聞いた事があります。


また、もし出せないとしたらどのような理由からなのでしょうか。
変な質問で申し訳ないのですがよろしくお願いします。
五十嵐MH

屋台1


五十嵐様、初めまして どうぞ、よろしくお願いします。
お返事は遅れてすみません。

タイ国屋台というと、世界一です。全世界の屋台文化がある国は約220か国のなかで、料理は美味しくて、手ごろな値段、種類が多くて、衛生面は安全、開店時間が長い等がタイの屋台だけだそうです。今年、全世界ネットワークをもつツーリスト協会(国際民間団体、数十万人の会員をもつ)の調査した結果は、タイのバンコクの屋台はトップだと選ばれた。

バンコク市内だけの屋台エリアの数は数えきれないほどあります。その中で海外旅行者によく知られ、最も人気なのは、「カウサーンロード」の屋台ゾーン。タイ料理だけでも各地方の食べ物がそろっている。また、外人の町として、ヨーロッパ、東アジア、中東亜、アフリカ等の料理もある。その中に日本料理の屋台もある。しかし、タイ人好みの味でタイ人が作ったもので、逆にあまり人気がない。筆者にとっては日本料理ではない。

 五十嵐さんは日本の屋台にあるようなもの(焼きそば、タコ焼き)を出店することはグーッド・アイディアですね。焼きそば、たこ焼きは、タイではいまだ人気がさめない。アメリカンジャンクフーズのように食べやすいし、太らないだとみなされているからです!

 日本人は屋台をだすことができるかというと、原則としては、「できる」です。ただし、実現できるまでは幾つかの難関はあるようです 

まず、普通は店舗と同様に店舗主(大家さん)がいる。
ただし、多くの屋台は道端や歩行者道の部分を利用するため、法的には「違法」です。市営の「屋台エリア」ならば合法ですが、なかなか空かないですし、あまりない。民営はある程度はあるが、よっぽど人気場所でなければ、たんなるフーズマーケットであまり客が入らない。

バンコク市内で人気屋台エリアでの一軒の屋台やさんの収入(正味収入)は、月に平均40,000バーツ(最高収入は約80,000バーツ)だと言われています。

エリア内の一軒の屋台スペースの面積は、主(権利者)によってきめられた。権利者というと、複数人物によるところは殆どです。このために、末端権利者は大抵本元の権利者(本当の地主さん)との中間の人から借りた!だから、3人か2人の権利者がいる。。。自分で料理等を作って売るよりも、屋台を出したい人に貸し出すだけで、楽ながら収入があるためです。この二重三重権利者の上にまた、警官がいる!「違法」ということで、「守ってあげる」の「礼金」をとる。直接屋台屋さんには「礼金」受け取る警官もいるし、末端権利者か、警官の子分の「集金役」は毎月やってくる。その都度にちゃんと「礼金」を手渡さなければ「異議がある」と!

しかし、ちゃんと礼金を毎月支払っても、100%保障ではない。時々警察局からの「上の方」によって、「そこには、歩行者(市民)から苦情がでたぞ」という、注意されたことがあったら、地域現場担当警官は「取り締まり」活動をしなければ、上に報告ができないし、成績悪いと評価されてしまったら、「移動」されてしまう。。。

本当は細かい事情、まだまだ、長い話はあるけど、簡単でこのような難しさですので、よく知っていて、信用できるタイ人と組んでやらないと、外人によっての屋台経営はむずかしい。


なぜトイレは玄関に!

                plan.png

 「なぜ、トイレやバス、洗面所は玄関にあるのですか?」と、電話での悩み相談というか、(誰に?)文句を言っているのか分からない。受話器をとってからには我慢して聞くしかない!
 「どうしたの?」
 「毎日24時間!トイレのことでとってもいやな気持ちになる」
 「トイレが詰まってること?」
 「いいえ!出たり入ったりしては玄関から見える!」
 「へえ!トイレのドアがないの?」と!
 「ちゃんとあるよ。ただ入る時に客が来るととっても不快感」。。。

 このような「大きな悩み」を直面しているタイ人が多い!
 彼は日本に来て3年目。初めて住んだところはアパートの2階1部屋。
 去年からは家族が一緒に住み、一軒屋の賃貸しで、かなり古い家の平屋。
 なかなか気に入らなくて数ヶ月経っても決まらない!
 
 その問題は家賃が高いもそうだけど、新旧大小に問わずどの家でもトイレやバスは玄関にある!
                間取
 一番上の間取図はタイの家やマンション、アパートは、どの家でもトイレやバスは家の一番奥にある。車庫や玄関の門から入ると、応接間になったり、広間になる。トイレは客が見えないところにあるのが決まり。客が来ても家の人はトイレの中にいるとか、誰がバスでシャワーを浴びているとかなどは見えないし、分からない。やっぱりプライベートのことですし、トイレでの音や匂いは失礼だし。。。
 次の間取は、日本の古民家です。玄関からまるまるトイレが見える!これが昔からの日本習慣だとよくわかります。
                         まとり3
 これが、沖縄のマンションの間取。同じ玄関から入ると、その廊下を通って応接間や広間(接客室)へ行くのに、トイレやバスルーム、洗面台を通る。。。
 
 タイはトレイやバスルームは「汚い」場所とみて、他人に見えない処か家の奥に位置することが習慣。その周辺は大体水屋とか、台所、洗濯と干し場となる。
 
 筆者の友達の家は古い家です。玄関に入って、上を上がると廊下の両サイドは部屋となっているが、廊下の真正面は行き止まりドアがある。そのドアを開けると、昔の穴式和風トイレ!だから、主人でも客でも入る時にドアを開けると、玄関の入り口から丸見えになる。。。やっぱり、なんとか気持ち悪いような気がする。

 なかなかなれないタイ人には、日本式の間取方は「変」だと、殆ど思っている!


 

もしも、ダビッドがメタボだったら。。。!

               david-in-metabolism.gif
 日本観光に来たタイの人々の話です。
 日本料理が健康的だとタイでブームになった。たしかに脂っこいものがすくないし、どれでも素材が単純なものが多い。バンコクで日本料理は本当に健康的だったが、日本に来て、もっと味が薄い。本当に健康にいいと思います。しかし、街を歩くと、秋葉原なんか、サラリーマンでも一般人でも太る人が多い。なぜか、不思議に思われた。ラーメン屋に入ると、ビックリしたのがその大きさのドンブリで、どこのテーブルの人でも皆が綺麗に食べた。少しでも残す人はいない。
 タイではあのようなドンブリでしたら食べられない。絶対に残します。

 彼らの感じたことは確かにそうであろうと、筆者も思いました。

 その原因は、外食が多くなってきた日本サラリーマンには、避けられない環境は多い。社内の事務系でしたら愛妻?弁当持参ではコントロールできるし、事務所の周辺で適当に食べるならば、自己管理はある程度できる。しかし、男子の仕事は社外が多い。顧客の所、出先は毎日変わるし、食事時間も不定期。つい、適当に食われよ!

 そして、事務系でも営業などの外向けのも同じことは、夜遅くまでの残業ならぬ残業は一番原因。上司はダラダラ居座れば帰れないし、なんとかしている様子にしないと「まずい」。それで、ストレスで遅く帰宅すると、まず、空腹のあまりに多く食べてしまう。疲れたからそのまま寝てしまうし、ビールや夜食は遅く起きる人には。これではメタボに限る。

 タイ人にとっては、あまり残業が少ない。本当の残業にしかやらない。勤務時間終了の出社は時間通りにか、より早い。上司がいようともいなくても関係ない!自己主張というか、一人一人の環境、家族などが違うから事情違うのに、「合わせて」ということは、まったく必要がない!。出社して直接帰宅か、どこかでぶらぶらして気分転換しながら、交通渋滞時間を避けるために時間を潰す。家帰ったらご飯でも日本人の感覚のように夕食はゆっくりと贅沢なもの作ってくれるからたくさん食べることは、考えられない。

 このために、タイサラリーマン、OLが皆「わけあるのスレンダー」ばかり!

こんなに安くて いいですか?!

 最近量販店や激安店では、ものが驚くほど安い。
いつもテレビでのニュースやなんらかの番組で取り上げることがしばしばです。それでよくある場面では、顧客にインタビューすると、「とっても安い!」だとか、「驚いた」等のコメント。
          野菜

 ある客がレジで料金を払いながら「こんな安くていいですか?、ほんと、もうしわけないです~」 
 
 この場面では、タイ人にとっては疑問となることになってしまう。
 ということは、タイではできるだけの安いものを買えば得だと。どんなに安くても売り手に「思いやり」はしない。それよりも「する必要がない」と思うからです。タイではデパートや、スーパーでの商品がちゃんと値札が付いていればその通りに買うお金を払うことが当たり前と思う。しかし、それ以外のところ、例えば、市場や個人の商店などでは、値札があっても、買うまえに必ず値切る。「安くしてくれよ」等。     
 せっかくお店は「激安」しているから、それを奪って買うことも当たり前だと。あの場面のように払いながら、売る人に謝りのようなことばでは、「なぜですか?」と、不思議に思われてしまう。
 「ああ、日本人は優しい。思いやりがある社会。人情がある人々」だとは、思わないタイ人にとっては、多分この場面は理解し難い。

 ある後輩の感想は、「おかしいですよ。その通りに払うのに、なぜ「もうしわけない」、「いいですか」等を言わなければならないですか?礼儀かどうか考えても理解できない。。」と。 タイでしたら、だれかが、「こんなに安くていいですか?、申し訳ございません」と言いながら支払う人がいたら、その辺の人々はきっと腹が立つ!なぜ、そんなことを言わなければならないのか。私はまだ買ってない。これから買うのに、もし、値段を急に上げると、どうする。買えなくなる。。まったく、邪魔な奴だ。。。と。
 このようなことに展開するかもしれない。
 そうなりやすいです。

あけまして おめでとうございます。

        


         rabbit12.jpg



                         2011年 あけまして おめでとうございます


日本語をどう教える?!!

               BDACBBFA.jpg
 「タイ人と結婚した8年目の山本です。子供はできなくて妻の兄弟から養子縁組で10歳の男の子を3年前貰った。近所の小学校へ入れてもらったが、心配したよりうまくでき、日常会話がなんとか学校の仲間とうまくやっているそうです。しかし、女房だけは何年たっても未だ日本語はできない。覚えようとしない。日本語習いに2~3ヶ月で止めてしまった。このため、学校の先生や、親たちとの交流はできなくて悩んでいます。

 ソムチャイさんはどのように日本語を覚え、読み書きができるのですか?教えてください。日本語はタイ人にとって難しいところはどんなことですか?女房に日本語を教えたいです」

 山本さん;子供さんは学校生活ができて問題なくよかったですね。
 まず、考える必要では、奥さんはいつまでも日本語を覚えようとしない原因は何でしょうか?
 お二人の日常会話は英語ですか?もしくは、山本さんはタイ語ができるのですか?
 
 もしかして、奥さんは日本に長く住むことは思わないかも知れない。子供連れてきてもいずれか連れて帰れるとは!
 山本さん自身は、このことが現実になると、一緒にタイへ移住のでしょうか?
 このあたりのことをお二人で整理し、明確にしておかないと、生活は中途半端だし、安心して仕事や生活はできないではないかと思います。
 
 どうであれ、日常生活に夫婦の会話は困らないだったら、一方の言語にすればいいかも知れない。例えば、山本さん自身はタイ語で話して困ることがなければ、別に無理やりに日本語を覚えさせようはないでしょう。日本語勉強は苦手だし、必要性はないと強く思いました彼女にはいつまでも覚えないのは当然ですね。

 でも、将来はタイへ移住するとしても、今、日本語がある程度理解でき話しはできれば、日常生活は楽しいし、便利です。
 タイ人にとって日本語の難しいところは、発音ですね。ロマン字でもタイ語でも書けない発音の言葉は結構あります。あとは気持ちを表すことや、微妙さの違い言葉ですね。書くことは漢字でしょう。
 自分にとっては外語ですので、最初は何でもかんでも暗記してしまうです。

 勉強は難しくかんじて苦手になった場合は、日常の生活に少しずつ会話から覚えさせればいいと思います。台所の物の名前や、料理の味等々。身近なことを、山本さんは何回も話て自然に覚えると思います。タイ語混ざってでもいいかも知れない。覚えやすくなると段々と楽しくなり覚えようと考え直すかもしれない。

 明るく楽しい家庭でありながら日本語を覚えるようにしてください。

沢庵食べる会!

        bentoo1.jpg

 一ヶ月研修終えたことで帰国前日の反省会は無事に終わってから、研修生たちの感想等は夕食会の席で話したこと。もちろん、上の画像ではその夕食でのものではないですけれども、一ヶ月の期間中お弁当を食べる機会が多かった。夜食としてでもセブンから買って宿舎へ帰る人もいる。
 
 「お弁当が好きか?」と質問を投げて見ました。

 タイ人は習慣としては作りたて(熱いもの)を食べることは常識で慣れているので、お弁当は最近チンしてくれるところも多いので助かったが、殆どが嫌いか食べたくないとの返事が多かった。筆者自身さえも30年以上の日本、未だお弁当が好きになれない!どんな高級、美味しいと言われても食べる気が沸いてこない。

 このために徹底的に、いつまでも聞いて見たくなる。

 好きかどうかの返事は、半分以上か、9割以上はやっぱり「好きではない」と。

 第一原因は「冷たい食べるには気持ちが悪い」

 また、それより最も多い意見は「どのものでもお味が物足りない」、「おかずの種類が多いけどどれも一口だけなので、食べたという感じしない!」

 それで、一人の発言で盛り上がるようになった。。。

 「ある日、東京から帰り電車の出来事。普通はよく眠った。携帯にアラーム設定してあるので着くまでは目覚めない!しかし、その日隣に座っている方の沢庵かじる音はあまり耳障りで目覚めてしまった」
 
 「食堂点検休みの日に、社員全員はお弁当ということでした。同席の自分の周りの方々(日本人)は一緒に食べ始めると、左耳も右耳も沢庵かじった音が、一斉に耳に響く!日本人たちは平気でなにもないようなことで美味しそうに食べている様子を目にするとなおさらビックリし、非常に気持ち悪くて食べられなく、皆に具合が悪いので食べられませんと言って、席から立ち事務所へもどったよ」

 「沢庵は確かに歯ごたえがいいから美味しいけど、あまり響くだし、齧る音があまりはっきり過ぎてイメージは頭に見え気持ち悪い!」

 「じゃ、タイではそのような食べ物はないですか?歯ごたえで音がでるものは」
 「ありますよ、揚げ物とかカリカリで噛んで食べるものはたくさんありますよ」、「しかし、沢庵のような音ではない。揚げ物ですから天ぷらやフライのようなもので沢庵みたいに響く、道路工事の機械の音のようなのはない!」

 等々。。。まだまだ、続きで尽きない!

 一人で考えてみると、世界中おそらく日本人ほどお弁当が好き人種がいないだろう。。。
 お弁当を買ってお土産にする人も多いし、貰った人は喜んで食べる姿がよく見ました。


 ますます不思議で疑心は胸のなかに溢れでてきた!

 これは、確か自分はお弁当が嫌いことは最大な原因だと間違いない。

 

簡単でタイ人が嬉しいタイ料理

「ソムチャイさん、いつも楽しく読ませていただきます。タイ人と結婚して3年になりました。今家内は初お産のためにタイへ帰っています。お正月はこちらで迎えたいから年末に帰ると言った。その帰ってくる日に私はタイ料理を作ってあげたいと思いますが、作ったことがないので、教えてください。簡単なもので、タイ人が嬉しいタイ料理2品程。お願いします。新米パパ予備軍」


新米パパ予備軍さん、ありがとうございます。パパになるから今の気持ちはどうですか。早く赤ちゃんを見たいでしょうね。

khaidao-sonkrueng2.jpg

 簡単なタイ料理でタイ人が喜ぶものとは?、そうですね、こんなに言われると、ちょっと考えるですね。タイ人といえば、誰もが「目玉焼き」が好きです!これを嫌い人はめったにいないです。しかし、タイ式目玉焼きとは、日本や、西洋の目玉焼きと違います。

 フライパンに油を多めに入れ、暑くなったら卵を割っていれて焼く。周りの白身が少し焦げ目になって中央の目玉が半熟(とろり)状態になるまでに。このように練習して焼いてみてはどうですか?

 要領がわかると、今度上に掛けるものをつくる。
 材料は、豚挽き肉100~200グラム、玉ねぎサイコロ状大さじ2、ナムプラと砂糖少々。

 この全ての材料をフライパンに炒めて出来上がると、お皿に載った目玉焼きの上に掛けて、万能ネギをトッピングする。ケチャップかチリソースを沿えて出す。これが簡単で美味しいものです。トッピング作らなくても、目玉焼きが成功(回りがカリカリのクリスピーなもので真ん中の黄身がトロりで)すれば、十分です。チリソースか中華ソースか、ナムプラと微塵きり唐辛子を添えれば間違いないです。

 もう一品、殆どのタイ人が好きなもの、簡単にできるもの。。。「ソムタム」でしょう。

somtum.jpg


 材料は:生パパイヤ(せんきり)3カップ
     インゲン(5センチの長さに切る)好みの量、
     プチトマト5~6個 半分きり
     干し海老 約100 グラム
     レモン汁 大さじ 5~7
     ナムプラ 大さじ 3
     砂糖 小さじ 2(できれば椰子砂糖が一番合う)
     ピーナツ粗引き 大さじ 3~5
     生唐辛子 5本、ニンニク3かけ
 作り方:
 1)潰し器(クロック)(なければ鉄製鍋を代用してすり棒を使って下さい)に、ニンニク、唐辛子、砂糖を入れて一緒に潰す。なじんだら、海老を入れて軽く潰してから、インゲンを入れて簡単に叩く程度。
 2)トマトを入れて、トマト汁が出るほどにつぶしてから、パパイヤを入れて全体とにじむ程度に軽く叩き、さらに、ピーナツ、ナムプラ、レモン汁入れて全体混ぜてできあがる。

※ パパイヤが手に入れられなかったらニンジンを使ってください。パパイヤは大体のタイ料理食材店にある。東京でしたら上野アメ横の地下階で、殆どの材料が揃っています。
 

 新米パパ予備軍さん、奥さんと赤ちゃんが帰ってくるまで、何回も練習して作ってみてください。

タイ語を嫌がる我が子

                     payu1.jpg

 「ソムチャイさん;暫く待ってましたが、同じ悩みと質問が出ないので直接メールにお願いします。現在タイ人妻と11歳息子と8歳娘4人家族で、茨城県在住です。妻はタイで知り合って結婚12年になりました。私はタイ派遣職員で大きな企業の事務職だった。5年タイ在住して日本へ引き上げた。

 問題は、二人の子供が母親の言葉が分からないことです。日常会話は私が主で日本語(タイ語ができない)、子供二人とも日本語が大丈夫です。母親との会話は全てが日本語ですが、時々母親がトンチンカンでした。夏休みに家族でタイのおばあちゃんを訪問に帰りました。そこで我が子二人ともタイ語が通じなく始終に無言でした。
  
  母親(家内)は親戚兄弟に指摘されたようだった。日本に帰ってから家内は一生懸命タイ語を話しかけても二人は無視した。長女はもちろんですが、長男は通じないような感じです。子供の将来を考えると心配すると家内は相談にきた。

  ソムチャイさんの子供も混血の子供だと思いますが、この点は困っていませんでしょうか?大変失礼ですが、参考になるご意見をお聞きたいです。茨城親父」

          toy-atom.jpg

 茨城親父さん、おこさんはタイ日系人ですね。
 我が子も一緒です。子供が母親の言葉だと言われています。生まれた時から巣立ちまでは母親と生活時間が父親より多いですので、会話や言葉がよく聞いたからですね。しかし、幼稚園や小学校からだと、周りの子供同士は日本語だし、保母さんや先生も日本語なので自然に「日本語社会にいる自分、変わった言葉は恥ずかしい」と思われてしまうのが、誰でも(自然なのか?)感じて経験したことです。だから、筆者の子供たちはみんなが日本語です。父親のタイ語は挨拶の言葉(サワッディ、コップクン、マイペンライ、コートーット、マイユー)だけが残ってとっさの時に話ししますけれども。あとは全然通じないです。

 幸いにタイの親戚兄弟はあまり気にしなくてよく友達にしてくれた。伯母たちもかわいがっているからこのことを問題にしない。もう一つ、子供たちは英語が多少通じるなので自分たちの会話がなんとかなる!3年前家族揃ってタイへ行きました。子供兄弟たちで英語とタイ語と日本語混ぜての会話で楽しかったそうですよ!

 茨城親父さんの奥さんには、もしどうしてもタイ語を子供に残したかったらタイ語学校へ行かせたらどうですか?中学か高校生の時の方がいいかも知れない。今の小学生ではまだ母親の言葉を必要性か、自慢になることは思わないでしょう。思う年齢でもまいし、返って無駄な投資になってしまうかも知れないですね。
 
 母親としては、あきらめないで、日常家庭内での会話をできるだけタイ語を話しかけてあげながら、おこさんの理解をも気配りしてあげれば、段々とタイ語の存在感を感じて抵抗した気持ちが弱くなり、自然に理解できると思います。「聞いて意味が何とかわかるが、しゃべるがまだできない」ことは、全然聞くも話も無関心よりもいいでしょうね。


 現在グロバル時代なので、タイでも日本でも異言語がさまざまの人と場所で使われている。タイでは外人ハーフが少なくない。もしくは100%タイ人だけど、生まれ育ちが外国で、大卒して大人になって初めて母国のタイへ帰りたい人が多い。そのなかに様々な職に付きタイ語を自ら覚え努力して多国語しゃべれる人になったのが、多分日本より多い。特に芸能界は男女とも多い。(混血が綺麗で体格もいい、カッコウよくて若者の憧れに!)

 後輩の一人は茨城親父さんと似ている悩みをもっています。10歳の時から日本へ連れてきた。今12歳ですが、すっかり日本語を考えしゃべる子供になっている。たった2年間日本に住んで小学校をも途中で入りました!タイ人の奥さんはタイ語をいくら話しかけても息子が分かっていても返事は日本語!自分から母親への話も日本語で、お母さんはタイごで返事!それでも問題なく日常生活できる。ある日、筆者と対面したおこさんに、タイ語を話しかけた。タイ語を一切ださなかった。しかし、最後に分かれる挨拶してタイ語を挨拶の君を見せてくれないか、と言いました。にっこりしながら、恥ずかしそうな表情で、丁寧に「コップクン・クラブ」とはっきり話してくれた。これが、凄い!と、母親はびっくりした。おこさんに飛びいれ硬く抱きしめた。。。

 あれから、時々電話した時、お子さんに受話器を変わってくれた。「サワッディクラブ、クンルング、サバイディルークラブ。ムアライチャマー・イーク・クラブ」と話してくれた。(=こんにちは、おじさん。おげんきですか?いつまた遊びにきますか)私の返事は、「サワッディ、サワッディ。レオワンラングチャパイ・コッブチャイナ」とタイ語を返事したあと、さらに同じことを日本語を話してあげた。

 母親は非常に嬉しかった。自分にはタイ語を一切話してくれないが、「他人」の同じタイ人(筆者)には話すこと。タイ語は忘れない息子に誇っているそうです。。。


 私だと、子供に母国語を残したいならば、ある程度大きくなってから語学教育チャンスを与える。いまは日常の困らない程度にタイ語をできるだけ話かけてあげる。返事は日本語でもかまいませんから、とにかく耳になれることですね。

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。